メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

New

超ブラックでも作れるクレジットカードはある?審査通過のコツや選び方

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なしで作れるクレジットカードを探している方も多いでしょう。 ですが、残念ながら"審査なし(無 ...

viasoカードの画像 New

VIASOカード(ビアソカード)の年会費などの特徴解説

VIASOカードは三菱UFJニコス株式会社が発行する年会費永年無料のクレジットカードです。 ETC利用、携帯電話料金の支払い、プロバイダ料金の支払いなどでポイントが通常の2倍獲得できるほか、ためたポイ ...

クレジットカードを持っている人たちのカード New

人気クレジットカードランキング!みんなのおすすめカードは?

クレジットカードを決める際は「自分のよく利用するお店でお得になるのか?」で決めるのが重要です。 ここでは、今人気の高いおすすめクレジットカードの紹介と、当サイトが集計した1500人分のアンケートを基に ...

New

ファミマTカードの審査基準は?無職の場合や否決の判断などを解説

「ファミマTカード」は、ポケットカード株式会社が株式会社ファミリーマートおよびカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社と提携して発行している年会費無料のクレジットカードです。 「ファミリーマートを毎 ...

ネットショッピングをする女性 New

三菱UFJニコス発行のおすすめクレジットカード!カードごとの特徴や選び方を紹介

三菱UFJニコス株式会社が発行する三菱UFJカードは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員であり、グループ企業には誰もが知っているメガバンク「三菱UFJ銀行」も属しています。 高いブランド力を誇り、 ...

JCB カード Wのポイント還元システムや特徴!JCB カード W plus Lとの違いも

更新日:

JCBカードWアイキャッチ

「JCB CARD W」は日本で唯一の国際ブランドでもあるJCBが発行する、39歳以下の方が申し込める年会費無料のクレジットカードです。

ポイント還元率は一般カードの2倍となる1.0%で、セブン-イレブン・Amazon・スターバックス・昭和シェル石油などのJCBオリジナルシリーズパートナー(優待店)やネット通販でカードを利用すると還元率が更にアップするのが魅力。

ここでは、JCB CARD Wの特徴やメリット・ポイントについて分かりやすく解説しながら、注意点やデメリット・審査、ついてまとめました。

目次

JCB CARD Wの基本情報

JCB CARD W(ジェーシービーカードダブル)

カードの特徴

国際ブランドとしても定評があるJCBが発行する39歳以下限定のカード。ポイント還元率が一般カードの2倍となっているのが特徴で、セブン-イレブン、Amazonなどの優待店利用でもポイントアップするのがメリット。

発行会社 ジェーシービー
ポイント還元率 1.0%~10.5%
※最大還元率はJCB PREMO に交換した場合
年会費 無料
付帯保険 海外:最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円(海外のみ)
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
ポイント OkiDokiポイント
申し込み資格 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方
追加カード ETCカード(年会費無料)、家族カード(年会費無料)

JCB CARD Wは、クレジットカード・家族カード・ETCカードを全て無料で発行できる点がメリットです。

39歳までにカードを申し込んだ場合、40歳以降もずっと年会費無料で持つことができます。

「JCB カード W」と「JCB カード W plus L」の違い

JCB カード W JCB カード W plus L
クレジットカード JCB カード W JCB カード W plus L
国際ブランド JCB JCB
年会費 無料 無料
ポイント還元率 1.0% 1.0%
年齢 18~39歳 18~39歳
かわいいデザイン ×
毎月の優待&プレゼント企画 ×
LINDAリーグ ×
女性のための保険 ×
公式サイト

「JCB カード W」と「JCB カード W plus L」はポイント還元率や年会費などの基本機能は一緒です。

「JCB カード W plus L」は女性向け特典が増えているのが特徴。

キレイをサポートする協賛企業「LINDAリーグ」が、JCB カード W plus L会員のために優待や割引特典、商品の抽選キャンペーンなどを実施してくれます。

割引・優待 @cosme、ロクシタン、BUYMA、スターバックス
プレゼント企画 JCBトラベル、ペア映画鑑賞券
LINDAの日 毎月10日、30日は「LINDAの日」としてルーレットで2,000円分のJCBギフトカードプレゼント
女性のための保険 通常疾病+女性特有の疾病の治療費用をサポート

上記のような特典がプラスされ、特にアットコスメは割引をしていることもあるので利用者にはお得です。

クレカからスターバックスカードへチャージするとポイントが10倍となります。クレカやスマホで支払している方は、カード発行と同時にスターバックスカードを利用していきましょう。

jcbカードWplusLの画像

カードのデザインも3種類から選ぶことができます。

家族カードも年会費無料

家族カードを作りたい場合も、JCB CARD Wなら年会費無料で家族カードを発行できます。

家族カードの請求やポイントは本会員とまとめられるので、配偶者の生活費を支払うカードが欲しいという場合や、家族でポイントを貯めたいという場合にも家族カードを発行すると便利でしょう。

ETCカードも年会費無料

JCB CARD Wは、ETCカード(ETCスルーカード)も年会費無料で、発行手数料も不要です。

ETCカードの利用でもショッピングと同様に1.0%のポイントがたまるため、通勤や旅行で高速道路を利用する機会が多い方はETCカードも発行しておきましょう。

楽天カードのように、クレジットカードは年会費無料でもETCカードは有料(会員ランクが低い場合は525円)というカードもあるので、ETCカードを作りたい場合は無料で発行できるJCB CARD Wの方がおすすめです。

家族カード1枚につき1枚のETCカードを同様に発行できるので、配偶者や子供にETCカードを発行したいという場合にも向いています。

電子マネーの「QUICPay(Apple Pay・Google Pay)」に対応

電子マネー
JCB CARD Wでは、ポストペイ型(後払い方式)の電子マネーである「QUICPay」が使えます。

カードに電子マネーは内蔵されていないため、以下のいずれかの方法で利用してください。

  • QUICPayカード(専用カード)を発行する
  • スマートフォンで設定を行ってApple PayやGoogle Payを利用する
  • 手持ちのnanacoカードのQUICPay機能を利用する

QUICPayの利用でもカードのポイントがたまり、サインや暗証番号の入力を行わずに買い物ができます。

QUICPay専用カードの発行はJCBの会員サイト「MyJCB」または郵送で申し込み可能、スマートフォンならJCB CARD WをApple PayまたはGoogle Payに追加することでQUICPayを利用可能です。

QUICPay搭載のnanacoカードは2024年1月30日をもって新規発行を終了していますが、すでにお持ちの方は利用できます。

JCBカードWの付与ポイント基本情報

ポイントの交換先

たまるポイント Oki Dokiポイント
ポイント付与率 税込1,000円につき1ポイント(=5円相当)
通常ポイント還元率 1.0%
交換可能なポイント ・nanacoポイント
・WAONPOINT
・Pontaポイント
・dポイント
・auPontaポイント
・ビックポイント
・ビックネットポイント
・ベルメゾンポイント
・ジョーシンポイント
・楽天ポイント
・セシールスマイルポイント
・楽天Edy
・カエトクカード
交換可能なマイル ・JAL
・ANA
・ANA SKYコイン
・デルタ航空 スカイマイル
ポイントUPサイト Oki Dokiランド
ステージ制度 -
ポイントUP条件 スタバなどの優待店で最大5.5%・ネット通販で最大10.5%
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間(24か月)

通常ポイント還元率は1.0%で一般カードの2倍

JCB CARD Wの通常ポイント還元率は1.0%です。

1か月間のショッピング利用金額を合計し、税込1,000円につき2ポイントの「Oki Dokiポイント」がたまります。

Oki Dokiポイントの1ポイントの価値は5円相当なので、ポイント還元率は1.0%となります。

JCB カード Sのポイント還元率は0.5%なので、JCB CARD Wの還元率は2倍となっているのがメリットです。

ショッピングはもちろん、公共料金やスマホ代などの支払いでも1.0%のポイントがたまります。

端数の切り捨てが少なく無駄なくポイントがたまる

無駄なくポイントを貯めたいという時にも、JCB CARD Wは優れたカードです。

JCB CARD Wは1か月間の利用金額を合計してポイントを付与するタイプのカードなので、利用の都度ポイントが付与されるカードより端数の切り捨ても少なくなります。

例えば、同じく還元率1.0%で人気の「dカード」は100円につき1ポイントがたまるカードですが、利用の都度ポイントが付与されるので、毎日コンビニを利用するなど少額の支払いを繰り返していると利用金額の割にポイントはたまりにくいのがデメリットです。

JCB CARD Wの場合は最大でも1か月999円の切り捨てに抑えられるので許容範囲でしょう。

ポイントの有効期限

カード利用でたまったOki Dokiポイントの有効期限は「獲得月から2年間(24か月)」です。

ショッピングや支払いでたまる「通常ポイント」も、Oki Dokiランドや各種キャンペーンなどでたまる「ボーナスポイント」も、どちらも有効期限は同じ2年間となっています。

JCB CARD Wと同じく、還元率1.0%のカードとして人気のオリコカードザポイントの場合、ポイント有効期限は1年間と短いのがデメリットなので、その点JCB CARD Wにアドバンテージがあるでしょう。

Oki Dokiポイントの確認方法

保有しているOki Dokiポイントを確認したい場合は、JCBの会員専用ページ「MyJCB」から最新のポイント数を見ることができます。

  1. MyJCBにログインする
  2. トップページの「ポイントを確認する」を選択

この方法では通常ポイントを確認できます。Oki Dokiランドなどで付与されたボーナスポイントを確認したい時は、「カードご利用代金明細(確定分)」のOki Dokiポイントプログラム「ボーナス」欄の表示を見てください。

なお、ボーナスポイントはOki Dokiランドのマイページでも確認できます。

インターネット以外の方法なら、利用明細書でも確認できますが、JCB CARD Wは申し込み時にWEB明細に自動登録されるカードのため、WEB明細の登録を解除しないと紙の明細書が送られてこない点には注意しましょう。

その他には電話でもポイントの確認が可能です。

  • 一般電話の場合:0120-409-309(無料)
  • 携帯電話の場合:0570-00-3331(有料)

自動音声応答のため、電話が繋がったらカード番号(16桁)をプッシュした後に「3」をプッシュして、累計ポイント数の確認に繋げてください。

ポイントの計算方法

JCBオリジナルシリーズパートナーの公式サイト内のポイント倍率表記は、還元率0.5%の一般カードが基準となっているので注意してください。

ポイント還元率1.0%のJCB CARD Wを利用した場合は、以下のようにポイントがたまります。

例:JCB CARD Wをポイント5倍のショップで1,000円利用した場合

・通常ポイント1ポイント(1,000円につき1ポイント)

・JCB CARD W/plus Lボーナス(通常ポイントに対し+1倍のため1ポイント)
・オリジナルシリーズ優待店ボーナスポイント(「1」の通常ポイントの4倍で4ポイント)
・1ポイント+1ポイント+4ポイント=合計6ポイント獲得(=還元率3.0%)

考え方としては、1,000円につき1ポイント(0.5%)を基準として、JCB CARD Wなら+1倍(0.5%)となりますが、ボーナスポイントは基準となる0.5%に対する倍率なので、JCB CARD W/plus Lボーナスの+1倍分を除いて計算します。

このため、JCB CARD Wの場合は「ポイント5倍」と書かれているショップでも、その中にJCB CARD W/plus Lの+1倍分が含まれているので、実際は4倍として計算される点には注意しましょう。

上記の例だと、1,000円の利用で5円相当のポイントが6ポイントたまるので還元率は3.0%です。

JCB CARD WをJCBオリジナルシリーズパートナーの優待店で利用した場合のポイント倍率(通常ポイントとボーナスポイントの合計)を還元率に換算すると以下のようになります。

ポイント倍率 還元率
2倍 1.5%
3倍 2.0%
4倍 2.5%
5倍 3.0%
6倍 3.5%
7倍 4.0%
8倍 4.5%
9倍 5.0%
10倍 5.5%

このように、倍率が+1となるごとに還元率が0.5%ずつアップしていきます。

JCBカードWのJCBオリジナルシリーズパートナー優待店

JCBが直接発行するカードは「JCBオリジナルシリーズ」と言われ、専用の特約店があります。

以下から優待還元を受けられるショップを紹介します。

セブン-イレブンで3倍・スタバで最大20倍に!

コンビニやスタバがお得になるクレジットカードが欲しいという方にもJCB CARD Wはぴったりです。

JCB CARD WをはじめとするJCBのオリジナルシリーズのカードには、通常ポイントに加えてボーナスポイントが付与される「JCBオリジナルシリーズパートナー」という優待店があります。

JCBオリジナルシリーズパートナー例

・セブン-イレブン
・ローソン
・スターバックス
・くら寿司
・マツモトキヨシ
・ココカラファイン
・コメダ珈琲
・成城石井
・apollostation
・ビックカメラ など

JCBオリジナルシリーズパートナーの優待店でポイントをアップさせる方法は優待店によって異なり、カードを利用するだけで通常より多くのポイントがたまるショップもあれば、事前にキャンペーン登録を行った上でカード利用が必要となるショップもあるので注意してください。

  • 利用でポイントアップ:JCB CARD Wで支払うと還元率アップ
  • 登録&利用でポイント:事前にキャンペーン登録を行いJCB CARD Wで支払うと還元率アップ

ポイントの付与条件など詳細はJCBオリジナルシリーズパートナーの公式サイトに掲載されています。

JCBオリジナルシリーズパートナー優待店一例

以下に還元率がアップするJCBオリジナルシリーズパートナー優待店と還元率・利用条件をまとめました。

優待店 還元率 ポイントアップの条件
スターバックス 5.5% 登録&利用でポイント
セブン-イレブン 2.0% 利用でポイントアップ
小田急百貨店 2.0% 登録&利用でポイント
AOKI 3.0% 登録&利用でポイント
JTB国内宿泊オンライン予約 2.0% 利用でポイントアップ
Amazon(Oki Doki ランド) 2.0%~ 利用でポイントアップ
ビックカメラ 1.5% 登録&利用でポイント
ニッポンレンタカー 1.5% 登録&利用でポイント
Qoo10(Oki Doki ランド) 2.0% 利用でポイントアップ
Yahoo!ショッピング(Oki Doki ランド) 1.5%~ 利用でポイントアップ
楽天市場(Oki Doki ランド) 1.5%~ 利用でポイントアップ

セブン-イレブン・スターバックス・昭和シェル石油など、日常的に利用しやすい店舗が揃っている点もメリットです。

セブン-イレブンの場合は、JCB CARD Wで支払いを行うか、JCB CARD Wを支払い方法に指定しているQUICPay(Apple Pay・Google Payを含む)で支払った場合に2.0%のポイントがたまります。

スターバックスの場合は、事前にキャンペーン登録を行った上で「スターバックス カード」へのオンライン入金・オートチャージを一度につき1,000円以上行うと還元率が上がります。

スターバックスの利用がお得

・Starbucks eGiftの購入は21倍
・スターバックス カードへのオンライン入金・オートチャージは11倍

キャンペーンの参加登録はJCBオリジナルシリーズパートナーの公式サイトから行えます。

JCBオリジナルシリーズパートナー利用時の注意点

ボーナスポイントの付与条件が「利用でポイントアップ」となっている場合でも、JCBオリジナルシリーズパートナー公式サイトのショップページ内にある「このSHOPへ」というボタンからアクセスしないとボーナスポイントが付与されないネットショップがあります。

また、Amazonのように後ほどご紹介する「Oki Dokiランド」を経由しないとボーナスポイントが付与されないネットショップも多いので注意してください。

「JCBオリジナルシリーズパートナー」と「Oki Dokiランド」の両方に掲載されているショップに関する注意点も後ほどご紹介します。

「MyJチェック未登録の方は〇倍~」という記載がある場合でも、JCB CARD Wは入会時にMyJチェックに自動登録されるカードなので問題はありません。

最新の優待情報については公式サイトでご確認をお願いします。

JCBカードWは「Oki Dokiランド」経由のネットショッピングでお得

スマホ

ネット通販でポイントがたまりやすいのもJCB CARD Wのメリットです。

ネット通販でポイント還元率をアップさせる方法は簡単で、JCBのポイントサイト(インターネット上のショッピングモール)である「Oki Dokiランド」にログインします。

その後ショップにアクセスし、JCB CARD Wで1,000円以上の支払いを行うと通常ポイントに加えてボーナスポイントが付与され、1.5%~最大10.5%のポイントがたまります。

よく利用するショップをブックマークできる「お気に入り登録機能」もあり便利です。

Oki Dokiランド対象店舗例

優待店 還元率
Amazon 2.0%
楽天市場 1.5%
Yahoo!ショッピング 1.5%
マツモトキヨシ 1.5%
ロフトネットストア 3.0%(期間限定)
東急ハンズネットストア 1.5%
ビックカメラ.com 2.5%(期間限定)
ジョーシン 2.5%(期間限定)
じゃらんnet(ホテル・宿予約サイト) 2.0%(期間限定)
メルカリ 2.0%
ヤフオク! 1.5%
ふるさと納税サイト「ふるなび」 1.5%
ふるさとプレミアム(ふるさと納税) 1.5%

上記店舗は一例ですが、お買い物をすればポイントアップが狙えます。

「Oki Dokiランド」利用の手順

  1. Oki Dokiランドに「MyJCB」のIDとパスワードでログインを行う
  2. マイページの登録カードが「JCB CARD W」であることを確認する
  3. 一覧やカテゴリからショップを選び「ショップへ行く」からページを移動する
  4. JCB CARD Wで買い物をする

例えば、Amazonなら2.0%還元なので、Amazon公式のクレジットカードであるAmazon Mastercardを利用して注文した場合と同じ還元率となります。

Oki Dokiランドの参加ショップは約400店と非常に多く、メルカリやヤフオク!でも還元率がアップするため使い勝手も良いでしょう。

楽天ポイントがたまる「楽天市場」など、独自のポイントがたまるショップではOki Dokiポイントとショップポイントの二重取りができるためお得です。

さらに、期間限定でポイント還元率がアップするショップもあるため見逃せません。

Oki Dokiランド利用時の注意点

Oki Dokiランドを利用する際には、いくつかの注意点があります。

Oki Dokiランドでは1,000円以上の利用でボーナスポイントは付与されますが、送料や消費税はポイント付与の対象外で、継続的に商品を購入する定期購入や頒布会などは初回のみボーナスポイントが付与される点には注意しましょう。

「JCBオリジナルシリーズパートナー」と「Oki Dokiランド」でポイント倍率が異なる場合も

JCB CARD Wには、実店舗やオンラインショップの利用やキャンペーン登録で還元率がアップする優待店「JCBオリジナルシリーズパートナー」と、ネットショッピングで還元率がアップするJCBのポイントサイト「Oki Dokiランド」があります。

  • JCBオリジナルシリーズパートナー:実店舗やオンラインショップでポイントアップ
  • Oki Dokiランド:ポイントサイト経由のネットショッピングでポイントアップ

Amazonや楽天市場など、いくつかのネットショップは「JCBオリジナルシリーズパートナー」と「Oki Dokiランド」の両方にショップ名が掲載されています。

ただ、一部のショップに関しては「JCBオリジナルシリーズパートナー」と「Oki Dokiランド」でポイント倍率が異なる場合があるため、ポイントを貯める時には注意が必要です。

Amazonで2.0%のポイントを貯めたい場合は、忘れずにOki Dokiランドを経由して注文しましょう。

Amazonの例

・Oki Dokiランドを経由しない場合:1.5%還元
・Oki Dokiランドを経由した場合:2.0%還元

以下に両方に掲載があるショップのポイント還元率を比較してまとめました。

「JCBオリジナルシリーズパートナー」と「Oki Dokiランド」の両方に掲載があるショップ

ショップ名 JCBオリジナル
シリーズパートナーの還元率
Oki Dokiランド
経由時の
還元率
最大ポイントの
付与条件
Amazon 1.5% 2.0% Oki Dokiランド経由
楽天市場 1.5%~ 1.5% JCBオリジナルシリーズパートナー経由
Yahoo!ショッピング 1.5%~ 1.5% JCBオリジナルシリーズパートナー経由
一休.com(宿泊予約) 2.0% 1.5% JCBオリジナルシリーズパートナー経由
一休.comレストラン 2.0% 1.5% JCBオリジナルシリーズパートナー経由
セシール 2.0% 2.0%
(期間限定)
JCBオリジナルシリーズパートナー経由
ディノス 2.0% 1.5% JCBオリジナルシリーズパートナー経由
Francfrancオンラインショップ 2.0% 1.5% JCBオリジナルシリーズパートナー経由
Right-on ONLINE SHOP 3.5% 1.5% JCBオリジナルシリーズパートナー経由
DHCオンラインショップ 1.5% 2.5% Oki Dokiランド経由
東急ハンズ ネットストア 1.5%~ 1.5% JCBオリジナルシリーズパートナー経由
ビックカメラ.com 1.5%~ 2.0% Oki Dokiランド経由
HMV&BOOKS online 4.0% 1.5% JCBオリジナルシリーズパートナー経由
hibiyakadan.com
(日比谷花壇)
1.5%~ 1.5% JCBオリジナルシリーズパートナー経由
ベルメゾンネット 1.5%~ 2.5% Oki Dokiランド経由

上記の表は一例で、利用頻度の高いショップを並べています。

例えば「HMV&BOOKS online」の場合は、1.5%と4.0%となり還元率に大きな差があるのが分かります。

「Oki Dokiランド経由」という記載があるショップに関しては、Oki Dokiランドに直接アクセスした場合でも最大のポイント倍率が適用されます。

「JCBオリジナルシリーズパートナー経由」と記載されたショップは、JCBオリジナルシリーズパートナーの公式サイトからショップページを開き、「このSHOPへ」というボタンからアクセスした場合にのみ最大のポイント倍率が適用されるので注意してください。

Apple社の端末でOki Dokiランドを利用する場合は設定に注意

Apple社の端末で、以下のSafariブラウザを利用している場合、設定によってはOki Dokiランド利用時のポイントがたまらないため注意が必要です。

  • iOS11以降
  • macOS High Sierra以降

iPhoneの場合は、「設定」→「Safari」→「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフの状態(白)にし、Macの場合は「Safari」→「環境設定」→「プライバシー」から「サイト越えトラッキングを防ぐ」のチェックを外しておいてください。

JCBカードWのポイント交換先(移行先)

JCB CARD Wの利用で貯めたポイントを交換したい時は、以下の交換先(移行先)があります。

交換先 詳細・説明/交換レート
商品と交換 電化製品やグルメなどの商品に交換
ポイントでお買い物 ・Amazonで利用(1ポイント=3.5円)
・Yahoo!ショッピング等提携先で利用(1P=4.5~5円)
・百貨店等の商品券に交換(1P=約4円~5円)
・スタバカードにチャージ(1P=3.5円~4円)
オンラインギフト ・セブン-イレブン
・サーティーワンアイスクリーム
・バリュースターモール(120P→2,000円)
・格之進(デジタルギフト)
・蟻月(デジタルギフト)
・選べる海鮮グルメ(デジタルギフト)
・エノテカワインギフト(デジタルギフト)
・App Store&iTunes ギフトカード
(250P→1,000円分/750P→3,000円分)
・Google Play ギフトコード(250P→1,000円分)
・Amazon Primeギフトコード(1,000P→1年分)
・nanacoギフト(250P→1,000円分/750P→3,000円分)
・Pontaポイント(250P→1,000円分)
・JCBプレモデジタル(250P→1,000円分)
・自治体ポイント(250P→1,000円分)
・その他コンビニで対象商品と交換
(ファミリーマート/ローソン/ミニストップ)
マイルや他社ポイントに移行 ・他社ポイントに移行(別表参照)
・航空会社のマイルに移行(別表参照)
・JCBプレモカード OkiDokiチャージ(1P→5円分)
・JCBトラベル 旅行代金充当(1P→5円分)
・ユニセフなどに寄付(1P→5円分)
支払い金額に充当
(キャッシュバック)
1P→3円としてカードの利用代金を割引

他社ポイントに交換

ポイント名 交換レート
(Oki Doki→他社)
交換単位
Vポイント 1P→4P(4円)
※自動移行なら5円
500ポイント以上100ポイント単位
nanacoポイント 1P→4.5P(4.5円) 200ポイント以上1ポイント単位
WAONPOINT 1P→4P(4円) 200ポイント以上10ポイント単位
dポイント 1P→4P(4円) 200ポイント以上1ポイント単位
auPontaポイント 1P→4P(4円) 200ポイント以上1ポイント単位
ビックポイント 1P→5P(5円) 200ポイント以上1ポイント単位
ビックネットポイント 1P→5P(5円) 200ポイント以上1ポイント単位
ベルメゾンポイント 1P→5P(5円) 200ポイント以上1ポイント単位
ジョーシンポイント 1P→5P(5円) 200ポイント以上1ポイント単位
楽天ポイント 1P→3P(3円) 200ポイント以上1ポイント単位
セシールスマイルポイント 1P→5P(5円) 200ポイント以上1ポイント単位

航空会社のマイルに移行

マイル名 交換レート 交換単位
JALマイル 1P→3マイル 500ポイント以上1ポイント単位
ANAマイル 1P→3マイル 500ポイント以上1ポイント単位
ANA SKYコイン 1P→3マイル 500ポイント以上1ポイント単位
デルタ航空 スカイマイル 1P→3マイル 500ポイント以上1ポイント単位

注意したいのは、JCB CARD Wのポイント還元率が1.0%となるのは「1ポイント=5円」の価値となった場合だけという点です。

「JCBトラベル 旅行代金充当」なら1ポイント5円分として充当できるため1.0%の還元率を維持できますが、「商品と交換」を選んで量販店で安売りされている商品を選んでしまうと還元率が下がってしまうのです。

その他にも、ポイント交換時の注意点を以下にまとめました。

ポイント交換時の注意点

注意

  • ポイント移行は選ぶ他社ポイントやコースによって交換レートに差がある
  • スターバックスカードのチャージは保有ポイント数によって交換レートが変わる
  • 商品券は選ぶお店によって交換レートや交換方法が変わる

例えば、nanacoポイントやビックポイントは1ポイント=5円の等価交換が可能ですが、楽天Edyを選んだ場合は1ポイント=3円となってしまいます。

スターバックスのカードにチャージする場合も、保有ポイント数によって交換レートが変わってくるので気を付けてください。

「商品券に交換」の場合は、選ぶお店によって交換レートが異なり、例えば「ヒマラヤ」の1,000円分の商品券に交換する場合は200ポイント(1,000円相当)の等価交換となりますが、「阪急阪神百貨店」の1,000円分の商品券に交換するには250ポイント(1.250円相当)が必要となります。

ポイントの交換先は、JCBの公式サイトのほか、デジタルカタログでも見ることができるので便利です。

お得なポイント交換先

Oki Dokiポイントのお得な交換先は、1ポイント=5円が維持できる交換先です。

ビックポイント/ビックネットポイント、ベルメゾン・ポイント、ジョーシンポイント、セシールスマイルポイントなどが該当します。

ポイント交換の方法

Oki Dokiの交換方法は以下の通りです。

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送

インターネットの場合は、JCB会員専用ページ「MyJCB」にログインするとポイントの交換ができます。

電話でポイントを交換したい場合は、カードを手元に用意して、以下の番号に電話をかけてください。電話ではカタログの請求もできます。

  • 一般電話の場合:0120-409-309(無料)
  • 携帯電話の場合:0570-00-3331(有料)

電話が繋がったら16桁のカード番号をプッシュし、ポイント交換申込なら「1」を、商品カタログの請求なら「2」を、ポイント数の確認なら3をプッシュしてください。

郵送でポイントを交換したい場合は申し込み用紙が必要となります。

カードの明細書の裏面を利用するか、WEB明細を利用していて明細書がない場合はPDF形式でダウンロードするか、インターネットで請求してください。

〒181-8001 東京都三鷹市下連雀7-5-14
株式会社ジェーシービー「Oki Dokiポイントプログラム」係

郵送の場合、申し込み用紙はポイントの失効日や商品申し込み受付期間内必着となっているので気を付けてください。

JCBカードWの旅行特典

空港

ポイントがお得にたまるだけでなく、旅行好きの方にもうれしい特典が用意されています。

電話一本で旅行の手配ができるJCB会員専用のトラベルデスクをはじめ、いくつかのサービスを紹介します。

海外旅行に役立つ情報をまとめた「たびらば」

海外旅行情報サイト「たびらば[旅LOVER]」は、海外旅行に役立つお得な優待・キャンペーン情報や、スタッフおすすめの現地情報などがまとめられているサービスです。

スマートフォンアプリ版のたびらばも用意されており、加盟店で使えるクーポンを発行したり、現地でのお店選びをサポートしてくれる地図からJCBおすすめのお店を探す機能もついていたりと、良き旅のお供になるでしょう。

「JCBプラザ」では旅のサポートを受けられる

世界18か国にある「JCBプラザ」では、観光情報の案内や各種チケットやホテル・レストラン・オプショナルツアーの予約など、旅のサポートが受けられます。

Wi-Fiの無料サービスもあり、主要都市のJCBプラザにはラウンジも設置されていてドリンクやマッサージ機のサービスも利用可能です。

万が一、カードを紛失したり、盗難に遭った際も緊急再発行カードの発行に対応(一部のJCBプラザを除く)しているので、安心して旅行を楽しめます。

JCBプラザの場所など、特典の詳細はJCBプラザの公式サイトでご確認ください。

JCB カード Wの付帯保険

保険内容

海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 年間限度額100万円(海外利用分のみ/自己負担10,000円)

JCB CARD Wには「利用付帯」の海外旅行保険が付いています。

利用付帯の保険とは、事前にカードで旅費を支払った場合に適用される保険で、JCB CARD Wは以下の料金を支払った場合が対象です。

海外旅行傷害保険

JCB CARD Wの海外旅行傷害保険(利用付帯)
補償期間 3か月
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病治療費用 100万円限度
賠償責任限度額 2,000万円
携行品損害 1旅行につき20万円・保険期間中100万円限度
※自己負担1事故3,000円/携行品1つにつき10万円限度
救援者費用限度額 100万円

「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金

例えば、飛行機のチケットまたはツアーパックの代金をJCB CARD Wで支払っていた場合などは補償を受けられますが、カードで支払わなかった場合には補償を受けられないので注意してください。

補償対象旅行期間は3か月となっていて、日本を出国した後に公共交通乗用具の料金をカードで支払った場合は、最初の利用から3か月後の午後12時まで補償されます。

2枚の保険付きカードを使って補償期間を延長できる

同じように海外旅行保険が付帯したクレジットカードを持っている場合は、JCB CARD Wの旅行保険を利用して補償期間を延長することも可能です。

例えば、楽天カードを持っている場合は先に楽天カードで「自宅から出発空港までの交通費」や「海外旅行代金」の支払いを行って利用付帯の保険を適用させておきます。

楽天カードの旅行保険の補償期間が切れる頃にJCB CARD Wで公共交通乗用具の料金を支払うと、楽天カードの保険が切れた後も3か月間はJCB CARD Wの保険で補うことができます。

カードの複数持ちで保険金を合算できる

同種の保険が付帯するカードを持っている場合は、死亡・後遺障害を除く保険金を合算できるため、海外旅行傷害保険が手厚いエポスカードなどを作っておくと、保険金を合算することも可能です。

JCB CARD Wの海外旅行傷害保険は、利用頻度が高い疾病治療費・傷害治療費がどちらも100万円限度とやや物足りないので、疾病治療費が270万円・傷害治療費が200万円のエポスカードの上乗せがあれば万が一の際も安心でしょう。

ショッピングガード保険

ショッピング保険(ショッピングガード保険)は、海外利用分のみ100万円限度で付帯しています。

国内利用分や、海外利用分でも一部の物品は対象外となっているので注意してください。

ショッピング保険とは、購入日から90日以内に偶然な事故によってカードで購入した商品が損害を被った場合に補償される保険です。

例えば、海外旅行先でバッグを購入した場合などが補償の対象となります。

JCB カード Wの審査について

クレジットカードの審査基準

申し込み資格 18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
※一部、お申し込みになれない学校があります。
学生の申し込み 可能
専業主婦申し込み 可能
カード会社の分類 信販系カード
審査回答 早ければ数時間程度
発行までの日数 最短3営業日発行・最短1週間程度で到着

申し込み資格

JCB CARD Wは「18歳以上39歳以下」という年齢制限があるカードです。

このため、18歳以下の方や40歳以上の方、高校生や一部の学生は申し込むことができません。

39歳までにJCB CARD Wを発行していれば、40歳以降も年会費無料で使い続けることはできます。

JCB CARD Wは学生や専業主婦でも申し込み可能で、学生の場合は社会人より審査で優遇されるので、アルバイト収入がなくても問題はありません。

大学を卒業して社会人になると収入や勤続年数などが審査でみられて厳しくなるので、学生のうちにカードを作っておくと良いでしょう。

職業の選択には「お申込人が無職で配偶者に収入がある方」という項目もあるので、専業主婦の方も配偶者に収入があれば問題なく申し込めます。

学生や専業主婦が申し込んだ場合、カードの限度額は30万円以下に設定されるのが一般的です。

インターネットで支払い口座の設定

JCB CARD Wは、申し込みの際にインターネットで口座設定を行う必要があり、金融機関がインターネットでの口座設定に対応していない場合は申し込めないので注意してください。

この場合は、新たに口座開設を行って申し込むか、別のカードを選ぶ必要があります。

インターネットの口座設定に対応している金融機関はJCBの公式サイトで確認が可能です。

家族カードの申し込み資格

家族カードの
申し込み資格
生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。
※本会員が学生の場合は、お申し込みになれません。

JCB CARD Wで家族カードを作りたい場合は、本会員が学生だと発行できない点には注意してください。

家族カードは基本的に本会員に対する簡単な審査だけで発行できるので、利用状況に問題がなければ無職で収入のない子供に対してもカードの発行が可能です。

審査難易度

審査難易度

カードの種類 審査難易度
消費者金融系カード 独自
流通系カード 甘い
信販系カード 普通
鉄道系・交通系カード 普通
銀行系カード 厳しい
外資系カード 超厳しい

JCB CARD Wの審査難易度は「普通」です。

JCBは信販会社にあたり、JCB CARD Wはカードのグレードもゴールドやプラチナではない「一般カード」なので、審査通過はそれほど難しくありません。

過去にクレジットカードやローン、携帯電話の分割払いの返済で延滞を起こしていなければ審査通過も可能です。

延滞や未払いなどに注意

もし延滞を起こしたことがある場合は、5年間カードやローンの審査に通りづらくなるので注意してください。

また、同時期に別のカードやローンを申し込むと、お金に困っているのではないかと疑われて「申し込みブラック」という状態になり、審査落ちすることがあります。

申し込みに関する情報は6か月間「信用情報」として記録されるので、申し込みブラックになった場合は6か月以上開けてから改めて申し込みを行いましょう。

JCB カード Wの申し込み方法

スマホの画像

JCB CARD Wはインターネット申し込み(WEB申し込み)限定のカードです。

郵送や店頭では申し込めないので注意しましょう。

申し込み方法の手順(流れ)を以下にまとめました。

申し込みの際にはインターネットバンキングの契約カードまたはキャッシュカード・預金通帳が必要となるので手元に準備しておきましょう。

申し込み手順

  1. JCB CARD Wの公式サイトにアクセスする
  2. 「カードを申し込む」を選択
  3. 「JCB CARD W」または「JCB CARD W plus L」の「申し込む」を選択
  4. 申し込み対象や金融機関の事前確認を行う
  5. 「JCB CARD Wを申し込む」または「JCB CARD W plus Lを申し込む」を選択
  6. 規約を確認して「同意のうえ、入力へ進む」を選択
  7. 名前などの必要事項を入力して「次へ進む」
  8. 「今すぐオンラインで口座設定をする」から口座設定を行う
  9. 「次へ」を押して住所などの必要事項を入力する
  10. ETCカード家族カード・やQUICPayを必要に応じて選択
  11. 確認を行い、申し込みを完了させると受付番号が案内される
  12. リボ払いなど付帯サービスの設定を行い「申し込む」で完了

インターネットで口座設定を行うと同時に本人確認も完了するので、運転免許証などの本人確認書類は不要です。

受付番号は審査状況を確認する時に必要なので、メモを取るなどしておいてください。

審査状況の確認方法

JCB CARD Wの審査状況を確認したい時は、JCB公式サイトの「判定状況確認」から審査状況を見ることができます。

この時に申し込み完了時に案内された「16桁の受付番号」と、申し込み時に入力した「判定状況確認用キーワード」が必要です。

審査が完了したら、審査結果はメールでも送られてきます。迷惑メールに振り分けられないように、カード会社からのメールは確実に受信できるようにしておいてください。

JCBカードWのデメリット

デメリット

JCBカードWについて、デメリットを挙げるのであれば以下の2点です。

国際ブランドはJCBのみ

JCB CARD Wの国際ブランドはJCBのみで、VisaやMastercardなど他の国際ブランドは選べません。

JCBは国内では加盟店が多く、海外では加盟店数が少ないのがデメリットといわれてきましたが、最近ではアメリカン・エキスプレスと加盟店の開放契約を結んでいて、海外ではディスカバーカードの加盟店でも利用できるなど、JCBを利用できる加盟店は増えてきています。

とはいえ、Visaなど他の国際ブランドのカードを作りたいという場合は別のカードを選ぶ必要が出てくるでしょう。

18歳以上39歳以下という年齢制限がある

JCB CARD Wは、18歳以上39歳以下という年齢制限があるのがデメリットです。

40歳以上でJCB CARD Wを持ちたい場合は、39歳以下の家族にJCB CARD Wを作ってもらい、家族カードの発行をお願いするしかありません。

家族カードの支払いやポイントは本会員とまとめられるため、家族間のプライバシーを守りにくいのも難点です。

40歳以上でポイント還元率1.0%のカードを作りたい場合は、楽天カードやオリコカードザポイント、dカードなど年齢制限のないカードを選ぶ必要があります。

JCBカードWはポイント還元率重視の若者向けカード

JCB CARD W(ジェーシービーカードダブル)

カードの特徴

国際ブランドとしても定評があるJCBが発行する39歳以下限定のカード。ポイント還元率が一般カードの2倍となっているのが特徴で、セブン-イレブン、Amazonなどの優待店利用でもポイントアップするのがメリット。

発行会社 ジェーシービー
ポイント還元率 1.0%~10.5%
※最大還元率はJCB PREMO に交換した場合
年会費 無料
付帯保険 海外:最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円(海外のみ)
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
ポイント OkiDokiポイント
申し込み資格 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方
追加カード ETCカード(年会費無料)、家族カード(年会費無料)

JCBカードWにはゴールドカードやプラチナカードが存在しません。

申し込みの年齢制限もあるので20代、30代をターゲットにした若者向けのクレジットカードです。

1つのカードを長く利用していきたい方は「JCBカードS」のようなランクアップできるカードを選択するのも良いでしょう。

▼関連記事

JCBカードS
JCB カード Sの特徴【年会費・ポイント・審査】クラブオフ優待解説

JCB カード Sは年会費無料で、JCBのブランド力や、国内での使い勝手の良さが魅力で利用者の多いカードです。 ポイント還元よりも割引特典が豊富なのが特徴。ショッピングだけでなく映画や水族館など旅行や ...

続きを見る


JCB
JCBおすすめクレジットカード比較!種類によるポイントや特典の違いを解説

JCBカードは、日本唯一の国際ブランドであるJCBが発行するクレジットカードです。 一般カードからプラチナカードまであり、コンビニやネットショッピングなど様々な優待店でお得に利用できます。 そこで今回 ...

続きを見る


プロパーカードロゴ
プロパーカードと提携カードの違いを解説!最強のプロパーカードはどれ?

クレジットカードの「プロパーカード」という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、そもそもプロパーカードとはどのようなものかご存知でしょうか。 ここでは、プロパーカードがどのようなものなのか、各カ ...

続きを見る

「クレジットカードの知恵袋」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。
お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-クレジットカードの特徴, JCBカード
-,

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.