メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

New

超ブラックでも作れるクレジットカードはある?審査通過のコツや選び方

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なしで作れるクレジットカードを探している方も多いでしょう。 ですが、残念ながら"審査なし(無 ...

viasoカードの画像 New

VIASOカード(ビアソカード)の年会費などの特徴解説

VIASOカードは三菱UFJニコス株式会社が発行する年会費永年無料のクレジットカードです。 ETC利用、携帯電話料金の支払い、プロバイダ料金の支払いなどでポイントが通常の2倍獲得できるほか、ためたポイ ...

クレジットカードを持っている人たちのカード New

人気クレジットカードランキング!みんなのおすすめカードは?

クレジットカードを決める際は「自分のよく利用するお店でお得になるのか?」で決めるのが重要です。 ここでは、今人気の高いおすすめクレジットカードの紹介と、当サイトが集計した1500人分のアンケートを基に ...

New

ファミマTカードの審査基準は?無職の場合や否決の判断などを解説

「ファミマTカード」は、ポケットカード株式会社が株式会社ファミリーマートおよびカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社と提携して発行している年会費無料のクレジットカードです。 「ファミリーマートを毎 ...

ネットショッピングをする女性 New

三菱UFJニコス発行のおすすめクレジットカード!カードごとの特徴や選び方を紹介

三菱UFJニコス株式会社が発行する三菱UFJカードは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員であり、グループ企業には誰もが知っているメガバンク「三菱UFJ銀行」も属しています。 高いブランド力を誇り、 ...

セゾンプラチナビジネスアメックスのメリット・デメリット!年会費やプライオリティパス解説

更新日:

セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンプラチナビジネスアメックス)は、ビジネスサポートが充実している法人向けのカードですが、引き落とし口座は法人名義と個人名義のどちらも可能なので、個人でも所有することができます。

カードのメリット・デメリットとプライオリティパスや付帯サービスについて解説していきます。

目次

セゾンプラチナビジネスアメックスの概要とメリット・デメリット

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

カードの特徴

プラチナカードとしては安い22,000円(税込)という年会費で、ビジネスだけでなく個人でも申し込めるプラチナカード

発行会社 クレディセゾン
ポイント還元率 0.5%
年会費 22,000円(税込)
付帯保険 海外:最高1億円(利用付帯)
国内:最高5,000万円(自動付帯)
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、QUICPay、楽天Edy、iD
ポイント 永久不滅ポイント
申し込み条件 個人事業主・経営者をはじめ、安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生、未成年を除く)
追加カード ETCカード(年会費無料)
家族カード(年会費3,300円(税込)4枚まで)

セゾンプラチナビジネスアメックスはプラチナカードですが、インビテーション制ではなく、自分で申し込みのできるプラチナカードなので、インビテーションを待たずにプラチナカードを所有したい方に人気のあるカードです。

ここでは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのサービスの詳細や、メリットやデメリットについて解説していきます。

メリット

メリット
メリットは以下となっており、飛行機を利用する方に便利なプライオリティパスが魅力。

  • プライオリティパスに無料で登録可能
  • 初年度年会費無料
  • 24時間(年中無休)対応のコンシェルジュ
  • 最高1億円の付帯保険
  • 最高1,000万円の限度額

初年度年会費が無料で利用でき、困りごとに対応してくれるコンシェルジュも24時間対応となっています。

海外旅行損害保険は利用付帯、国内旅行損害保険は自動付帯で適用となり、携行品損害保険もあるため商品の破損や盗難に備えることができます。

アメックスブランドは利用限度額が高いことで知られています。ビジネスの規模にもよりますが、セゾン系カードとしては利用限度額最高1,000万円は高額です。

デメリット

デメリット
デメリットとしては年間利用額によって年会費が無料になるシステムが終了したので、そこがネックになる方もいるかもしれません。

ですが、総合的にみても優秀なビジネスカードと言えます。

  • 年会費がやや高額
  • 追加カードの利用者は損害保険が適用されない

アメックスのプロパーカードと違い、付帯保険の家族特約がないことは家族で旅行に行かれる方にとってはデメリットです。

年会費

年会費は初年度が無料で次年度からは22,000円(税込)がかかります。

ですが、アメックスブランドのビジネス系プラチナカードとしては他社よりお得であることは間違いありません。

追加カードの利用者は損害保険が適用されない

セゾンプラチナビジネスアメックスの損害保険は、本会員にのみ適用されます。

追加カードの利用者には保険が適用されないため、万が一の事故や破損に備えたい場合は注意が必要です。

年会費無料条件の改悪項目

セゾンプラチナビジネスアメックスでは、年間200万円以上のショッピング利用で次年度本会員年会費を半額にする「次年度年会費優遇サービス」が実施されていました。

しかし、2023年10月31日(火)をもって、「次年度年会費優遇サービス」は終了。期日以前よりカードを保有している会員は、次年度をもって順次サービス終了となります。

11月1日(水)以降に新規発行されたカードは、サービスの対象外となるので注意してください。

カードの発行日はNetアンサーメニューの「クレジットカード情報」に記載されています。

自分のカードがどのタイミングで優遇の対象外となるか、気になる方は確認してみてください。

セゾンプラチナビジネスアメックスのプライオリティパス概要

楽天プライオリティパス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードはプライオリティパスの無料登録が可能です。

148以上の国や地域、600以上の都市で1,400ヵ所以上の空港ラウンジを利用可能

提携空港ラウンジでゆったりとくつろげるだけでなく、飲物・新聞の無料サービスやインターネットサービスも自由に使うことが可能です。

  • 同伴者や家族の利用について
  • 申し込み方法

プライオリティパスについて上記を見ていきます。

同伴者や家族の利用について

プライオリティパスは同伴者や家族も使えるサービスですが、追加料金がかかります。

2024年1月16日(火)ご利用分からは、同伴者一人につき4,400円(税込)が必要。

ラウンジへ入場する際に利用人数を登録すると、クレジットカードから自動的に引き落とされる仕組みです。

申し込み方法

プライオリティ・パスは、以下のカードを持っている本会員のみ申し込むことができます。

  • セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

Netアンサー(インターネット)またはセゾンPortal(アプリ)から申し込みましょう。

どちらの場合もメニュー内の「各種サービス・キャンペーン」から「プライオリティ・パスの申込み」を選択し、注意事項や申込内容に同意・確認することで申し込みを完了できます。

クレジットカードと同時に申し込むことはできないため、カード受け取り後に手続きしましょう。

また家族カード・追加カードでの申し込みは不可となっています。

受けられる割引サービス

クレカ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていることで受けられる割引サービスにはどのようなものがあるのかみていきましょう。

  • ビジネス・アドバンテージ
  • 国内外のホテルやレストラン、スパを優待料金で利用できる「オントレ」(entrée)
  • パルコ・ロフトでのショッピング割引

ビジネス・アドバンテージ

ビジネス・アドバンテージは、ビジネスに欠かせない様々なサービスを優待価格で利用できるビジネスカードならではのサービスで、主に以下のような割引を受けることができます。

・ハーツレンタカーの利用割引
・オフィス・デポのオフィス用品割引
・プレジデント社のビジネス誌の年間購読料割引
・西濃運輸の宅配便の運賃が割引

どれもビジネスで必要なサービスばかりなので、これらのサービスをよく利用する方はお得になります。

国内外のホテルやレストラン、スパを優待料金で利用できる「オントレ」(entrée)

オントレとは、国内外のホテルやレストラン、スパを優待料金で利用できるサービスです。

一流ホテルの部屋のアップグレードや朝食サービス、レイトチェックアウトなど、アメックスのプレミアムカードならではのサービスは、対象のホテルをよく利用する方にとっては簡単に年会費のもとがとれてしまう非常にお得なサービスです。

西武・パルコ・ロフト・無印で優待

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていると、以下の割引や特典を受けることができます。

・西武・パルコ・無印良品でのショッピングでポイント2倍
・毎月、月末の金土日曜日は全国のロフトでのショッピングが5%オフ

これらの店舗をよく利用する方はお得に買い物をすることができます。

セゾンプラチナビジネスアメックスポイントについて

クレジットカードとポイント

では、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの利用でたまる永久不滅ポイントについてみていきましょう。

  • ポイント還元率
  • ポイントの有効期限は無期限
  • ポイントモール「セゾンポイントモール」の利用でポイント最大30倍
  • 海外での利用でポイント2倍
  • セブン-イレブン・イトーヨーカドーでnanacoポイントも2重取り
  • SAISON MILE CLUBでJALマイルがたまりやすい
  • 主なポイント交換商品

ポイント還元率

永久不滅ポイントは、1,000円の利用につき1ポイントたまります。

永久不滅ポイントは1ポイント=5円相当で商品と交換可能なので、ポイント還元率は0.5%になります。

ポイントの有効期限は無期限

永久不滅ポイントはその名の通りポイントに有効期限がありません。

クレジットカードのポイントはつい使い忘れて有効期限切れになってしまうことも多いので、使い忘れの心配がないポイントはありがたいですよね。

ポイントモール「セゾンポイントモール」の利用でポイント最大30倍

ネットショッピングの際にセゾンカードが運営するポイントモール「セゾンポイントモール」を経由すると、ポイントが最大30倍たまります。

対象店舗の例

・楽天市場
・Amazon
・Yahooショッピング
・ベルメゾン

セゾンポイントモールにアクセスした後にいつも通りネットショップで買い物をするだけで簡単にポイントがお得にたまるので、ぜひ利用してみてください。

海外での利用でポイント2倍

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを海外で利用すると、1,000円につき永久不滅ポイントが2ポイントたまるため、ポイント還元率が1.0%になります。

空港ラウンジサービスや手荷物無料宅配サービスなど、空港でのサービスも充実しているカードのため、海外によく行く方はお得ですね。

セブン-イレブン・イトーヨーカドーでnanacoポイントも2重取り

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを全国のセブン-イレブンやイトーヨーカドーで利用すると、永久不滅ポイントに加えて、登録しているnanacoカードにも自動的にnanacoポイントがたまります。

nanacoポイントのポイント還元率は1.0%なので、永久不滅ポイントのポイント還元率0.5%と合わせると、還元率1.5%と非常に高くなります。

SAISON MILE CLUBでJALマイルがたまりやすい

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていると、SAISON MILE CLUBに5,500円(税込)で登録することができます。

たまるマイル ショッピング1,000円につき10マイル
交換可能マイル 「JALのマイル」「ANAのマイル」
交換レート
(永久不滅ポイント200ポイント)
ANA:600マイル
JAL:500マイル

SAISON MILE CLUBに登録すると、ショッピング1,000円につきJALマイレージバンクのマイルが10マイルたまります。

さらに、JALマイルに加えて永久不滅ポイントも2,000円につき1ポイント(還元率0.25%)でたまるため、ポイントの2重取りが可能です。

永久不滅ポイントは1ポイント=2.5マイルでJALマイルへ移行できるため、マイル還元率は1.125%と非常に高くなります。
JALマイルを貯めたい方にはおすすめです。

主なポイント交換商品

永久不滅ポイントは、以下のような商品と交換することができます。

ポイント還元率0.5%以上の商品が損をしないで交換できるものなのでおすすめです。

商品名 必要ポイント数 ポイント還元率
ポイントでお支払い
900円分
200ポイント 0.45%
Amazonギフト券
1,000円分
200ポイント 0.5%
Vポイント

450ポイント分(1ポイント=1円)

100ポイント 0.45%
MUJIショッピングポイント
1,200ポイント分(1ポイント=1円)
200ポイント 0.6%
ベルメゾン・ポイント
1,100ポイント分(1ポイント=1円)
200ポイント 0.55%
ディノスクーポン
2,000円分
200ポイント 1.0%
nanacoポイント
920ポイント分(1ポイント=1円)
200ポイント 0.46%
dポイント
1,000ポイント分(1ポイント=1円)
200ポイント 0.5%

セゾンプラチナビジネスアメックスの審査について

調べる
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査についてみていきましょう。

  • 申し込み資格
  • 審査難易度
  • 最短3営業日で発行可能

申し込み資格

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込み資格は、20歳以上の電話連絡が可能な方とされており、一般カードの18歳以上という条件よりも厳しくなっています。
また、20歳以上であっても学生は申し込むことができません。

審査難易度

アメックスブランドというと審査難易度が高いというイメージがありますが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはアメックスではなくセゾンカードが発行しているため、審査難易度はそれほど高くありません。

本家のアメックスプラチナはインビテーション制で非常に入手難易度が高いカードですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはインビテーションがなくても申し込むことができ、年収がそれほど高くない場合や、信用力の低い新設の法人の場合でも審査に通ることができるカードです。

最短3営業日で発行可能

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、申し込みから最短3営業日でカードの発行が可能です。
通常、クレジットカードの発行には数週間程度かかるので、急いでいる方にとってはありがたいですよね。
ただし、必ず3営業日で発行されるわけではなく、申し込み内容や必要書類について確認事項がある場合などは4営業日以上かかることもあるため、注意しましょう。

セゾンプラチナビジネスアメックスの電子マネー

電子マネー
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていると、どのような電子マネーを利用できるのかみていきましょう。

  • Apple Payの利用が可能
  • iD・QUICPayの利用が可能

Apple Payの利用が可能

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、iPhone7に搭載されているApple Payに登録することができます
Apple Payに登録したクレジットカードは、iDまたはQUIC Payのどちらかとして扱われますが、セゾンゴールドアメックスの場合はQUIC Payとして扱われるため、店頭で利用する際はQUIC Payで支払う旨を伝えましょう。

iD・QUICPayの利用が可能

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていると、電子マネーのiDとQUIC Payを年会費・発行手数料ともに無料で利用することができます。
どちらの電子マネーも主なコンビニやスーパー、ドラッグストアなどで利用できるため、非常に便利です。

セゾンプラチナビジネスアメックス付帯保険について

保険内容
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはどのような保険が付帯しているのかみていきましょう。

  • 海外旅行損害保険
  • 国内旅行損害保険
  • ショッピング安心保険

海外旅行損害保険

海外旅行損害保険は自動付帯で、以下の内容が補償されます。

  限度額
海外旅行損害保険 死亡・後遺障害 1億円
損害・疾病治療費用 300万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 300万円
航空機寄託手荷物遅延費用 10万円
航空機遅延費用等 3万円

海外旅行損害保険の内容は非常に充実しており、海外に行く際に1枚持っておけば安心です。
ただし、家族会員への補償や家族特約は付帯していないため注意しましょう。

国内旅行損害保険

国内旅行損害保険は自動付帯で、以下の内容が補償されます。

  限度額
国内旅行損害保険 死亡・後遺障害 5,000万円
入院日額 5,000円
通院日額 3,000円

国内旅行損害保険も海外旅行損害保険と同様、家族会員の補償や家族特約はありません。

ショッピング安心保険

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはショッピング保険が付帯しており、国内外でセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを利用して購入した商品の破損・盗難による損害を、購入日から120日間、年間最高300万円まで補償してもらえます。
1事故の上限も300万円までと十分な金額が補償されるため、安心して買い物ができますね。

ただし、1万円未満の損害や、携帯電話・スマートフォンの損害などは対象外となるため注意が必要です。

セゾンプラチナビジネスアメックスはコスパがいい

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

カードの特徴

プラチナカードとしては安い22,000円(税込)という年会費で、ビジネスだけでなく個人でも申し込めるプラチナカード

発行会社 クレディセゾン
ポイント還元率 0.5%
年会費 22,000円(税込)
付帯保険 海外:最高1億円(利用付帯)
国内:最高5,000万円(自動付帯)
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、QUICPay、楽天Edy、iD
ポイント 永久不滅ポイント
申し込み条件 個人事業主・経営者をはじめ、安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生、未成年を除く)
追加カード ETCカード(年会費無料)
家族カード(年会費3,300円(税込)4枚まで)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリットは、年会費が他のセゾンカード発行のカードよりも高いことですが、他のカード会社と比較すると、プラチナカードとしては非常に低めの価格設定です。

年会費に対して付帯保険や付帯サービス、ポイントプログラムなども充実しているため、海外によく行く方やカードの利用回数が多い方には比較的コスパが良いカードと言えるでしょう。

▼関連記事

個人事業主
個人事業主・フリーランスにおすすめのビジネスクレジットカード!

個人事業主・フリーランスの方は、プライベート用と事業用のクレジットカードを使い分けることで、会計処理が楽になります。 確定申告に向けて会計ソフトと連動を考えている方もビジネスカードは必須。 この記事で ...

続きを見る


三井住友ビジネスカード
三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴

三井住友カード株式会社が発行する法人用クレジットカード「三井住友ビジネスカード for Owners」の特徴について解説していきます。 目次1 三井住友ビジネスカード for Owners(三井住友カ ...

続きを見る


プラチナカードアイキャッチ
人気のおすすめプラチナカードを徹底比較!取得条件や特典についても

ステイタス性や充実したサービス内容が魅力的なプラチナカード。1980年代に世界で初めて登場したプラチナカードは当初最上位でしたが、現在はブラックカードに次ぐ上位カードとなっています。 この記事では、各 ...

続きを見る

「クレジットカードの知恵袋」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。
お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-法人カード, セゾンカード
-, ,

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.