メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

New

超ブラックでも作れるクレジットカードはある?審査通過のコツや選び方

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なしで作れるクレジットカードを探している方も多いでしょう。 ですが、残念ながら"審査なし(無 ...

viasoカードの画像 New

VIASOカード(ビアソカード)の年会費などの特徴解説

VIASOカードは三菱UFJニコス株式会社が発行する年会費永年無料のクレジットカードです。 ETC利用、携帯電話料金の支払い、プロバイダ料金の支払いなどでポイントが通常の2倍獲得できるほか、ためたポイ ...

クレジットカードを持っている人たちのカード New

人気クレジットカードランキング!みんなのおすすめカードは?

クレジットカードを決める際は「自分のよく利用するお店でお得になるのか?」で決めるのが重要です。 ここでは、今人気の高いおすすめクレジットカードの紹介と、当サイトが集計した1500人分のアンケートを基に ...

New

ファミマTカードの審査基準は?無職の場合や否決の判断などを解説

「ファミマTカード」は、ポケットカード株式会社が株式会社ファミリーマートおよびカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社と提携して発行している年会費無料のクレジットカードです。 「ファミリーマートを毎 ...

ネットショッピングをする女性 New

三菱UFJニコス発行のおすすめクレジットカード!カードごとの特徴や選び方を紹介

三菱UFJニコス株式会社が発行する三菱UFJカードは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員であり、グループ企業には誰もが知っているメガバンク「三菱UFJ銀行」も属しています。 高いブランド力を誇り、 ...

ライフカードのメリット・デメリット!ポイント還元や年会費など解説

投稿日:

ライフカードアイキャッチ

ライフカードは年会費無料で通常の還元率は0.5%で、1,000円で1ポイントたまるクレジットカードです。

L-Mallというサイトを経由することで最大25倍ものポイント還元率でネットショッピングが可能です。L-Mallでは、おなじみの楽天市場やYahoo!ショッピング、DHC、ジョーシン、じゃらんなどがラインナップされています。

入会後1年間はポイント還元率が0.75%、誕生月は1.5%とポイント還元率がアップするのも魅力的で、ポイントはさまざまな商品との交換、Vプリカ・Amazonギフト券・図書カードなどへの交換も可能です。

ここでは、ライフカードの特徴やカードの種類、ポイント還元率アップの方法や審査について、ライフカードのメリットやデメリットを交えてまとめました。

  • 本カードや追加カードも年会費永年無料だから負担がない
  • 国際ブランドが3つから選べる
  • ライフカード入会後1年間はポイント1.5倍
  • 基本のポイント還元率は低い
  • 即日発効には対応していない
  • 旅行傷害保険が付帯していない

ライフカードの基本情報

ライフカード

カードの特徴

初年度ポイント1.5倍、誕生月はポイント3倍、L-Mall経由でのネットショッピングでポイント最大25倍など、ポイントがたまりやすい制度が豊富な年会費無料カード。

発行会社 ライフカード
ポイント還元率 0.5
年会費 無料
付帯保険 なし
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天Edy、モバイルSuica、iD
ポイント サンクスポイント
申し込み条件 日本国内にお住まいの18歳以上で、電話連絡が可能な方
追加カード ETCカード(年会費1,100円)初年度無料
家族カード(年会費無料)

ライフカードが発行しているスタンダードなカードで、ポイント還元率は0.5%、年会費無料、国際ブランドはVisa・Mastercard・JCBの3種類から選べます。

最短3営業日発行も可能なので、急ぎでカードを作りたい時にもスピード発行が可能です。

家族カードやETCカード、電子マネーが使える「ライフカードiD」といった追加カードも年会費無料で発行できます。

カードデザイン

ライフカードの券面デザイン2種
カードのデザインはシンプルで、ホワイトとブラックの2種類。

「ライフカード」と書かれているわけでもないため、どこのカードを持っているかアピールしたくないという方にもぴったりです。

Visa、Mastercard、JCBの違い

国際ブランド
ライフカードの選択できる国際ブランドは3つあり、Visa、Mastercard、JCBがあります。

違いに関してはカードが使える加盟店の差があったり、付帯保険や特典などカード独自のサービスが異なりますが、初めてのクレジットカードとして選ぶのであればシェア率が最も高いVisaがおすすめです。

Visa:国内外を問わず加盟店が多い
Mastercard:Visa同様にシェア率が高い、特にヨーロッパ方面に強い
JCB:日本国内をはじめハワイ、バリ島などアジア地域で加盟店が多い

2枚目以降としてライフカードを選択する場合は、持っていないブランドのカードを選ぶのが無難です。

Apple Pay、Google Payでスマホ決済

ライフカードが発行するVISA、MasterCard、JCBが付いたクレジットカードは、Apple Pay、Google Payに登録できます。

財布を持ち歩かなくてもスマホで決済できるようになるため、スムーズな支払いが可能に。

そのほかモバイルPASMOやモバイルSuicaに登録しておけば、改札通過時もスマホを取り出して通過でき、チャージもスマホ内で完結できます。

ライフカードのメリット

メリット

シンプルなカードデザインで3つの国際ブランドから選べるライフカード。

4つの項目に分けてメリットをまとめました。

家族・ETCカードの年会費が実質無料

本会員年会費 無料
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 無料
ETCカード発行手数料 無料

ライフカードは年会費永年無料で持てるクレジットカードです。

本会員だけでなく、家族カードもETCカードも年会費無料。

ただしETCカードに関しては2年目以降は年に1回以上の利用がなかった場合、翌年度の年会費は1,100円(税込)かかるため注意してください。

優待割引や特典

クレカ
下記ではライフカードで受けらえる特典の例を挙げています。

  • サカイ引越センター20%割引
  • 富士急ハイランド フリーパス200円引き
  • ブックオフ宅配買取 買取価格10%アップ
  • 神戸ポートピアホテル 宿泊料金10%オフ

ライフカードでの支払いだけでなく、カードの提示だけで受けられる優待も多いのでぜひ活用してください。

詳細はライフカード公式サイト優待サービスガイド(国内)から確認できます。

カード会員保障制度

学生専用ライフカードを含め、すべてのライフカードに適用されている保障制度。

カードが紛失・盗難の被害に遭い不正使用された場合、カード会員保障制度が適用され不正利用された金額が補償されます。

不正利用されていることが分かりライフカードに届け出をしてから60日前までさかのぼり、それ以降に不正使用された被害額をライフカードが負担。

年会費無料のカードですが、無料以上の価値がある制度だといえます。

海外アシスタンスサービス

学生専用ライフカードには、海外旅行時も安心なサービスがついています。

海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」は、カードの紛失や盗難時の手続き案内だったり、病気やケガをしたときの病院の紹介だったりをおこなうサービスです。

旅行前の問い合わせはLIFE DESK TOKYO(0120-147899)。

海外からの問い合わせはLIFE DESK 緊急((81)3-3431-1037(24時間受付 日本語受付))を利用します。

海外からでも日本語で問い合わせができるため、落ち着いて相談ができるでしょう。

ライフカードのデメリット

デメリット

ライフカードのメリットを紹介しましたが、基本のポイント還元率の低さなどいくつかのデメリットもあります。

ポイント還元率は0.5%と平均的

ライフカードのポイント還元率は0.5%と平均的です。最近は通常ポイント還元率が1.0%のカードも無料で持てることを考えるとやや物足りない印象を受けます。

ライフカードでより多くのポイントを貯めるには、L-Mallの利用や誕生月のポイントアップなど工夫が必要となるでしょう。

ETCカードはポイント対象外

ライフカードはETCカードの利用分についてはポイント付与の対象外となり、年間利用額に応じたステージ判定の金額にも含まれません。

他社のカードではETCカードの利用でもポイントがたまる場合もあるため、通勤や旅行などで頻繁に高速道路を利用する方にとってはETCカードを作るメリットを感じにくくなっています。

旅行保険やショッピング保険が付いていない

年会費無料のライフカードには旅行保険やショッピング保険が付帯していません。

海外ではちょっとした病気やケガでも入院治療費が高額になりやすく、救急車を呼ぶのも有料なので、海外旅行に行く機会の多い方は旅行保険が付いたカードを1枚持っておいた方が安心です。

家族カードの誕生月が本会員の誕生月で登録される

家族カードを発行した場合はポイントを合算できるのがメリットですが、家族カードの誕生月が本会員の誕生月で登録される点はデメリットです。

せっかくポイントが3倍になる月が分散できないのはもったいないと感じることもあるでしょう。

ライフカードのポイントプログラム

クレカ ポイント

たまるポイント LIFEサンクスポイント
ポイント付与率 1,000円につき1サンクスポイント
通常ポイント還元率 0.5%
交換可能なポイント 楽天ポイント、dポイント、Pontaポイント、ANA SKY コイン、ベルメゾンポイント、Gポイントなど
交換可能なマイル ANAマイル
ポイントUPサイト L-Mall
ステージ制度 年間利用金額に応じて次年度のポイントがアップ
・年間50万円以上利用で1.5倍(0.75%)
・年間100万円以上利用で1.8倍(0.9%)
・年間200万円以上利用で2倍(1.0%)
ポイントUP条件 誕生月にポイント3倍(1.5%)
ポイント有効期限 最大5年間(繰越手続きをしていないと3年間)

ライフカードはポイントを貯めやすい仕組みが充実しているカードで、使い方によっては通常還元率以上のポイントを獲得できます。

計画的に買い物をしたり、ネットショッピングの際にひと手間加えるだけでぐっと還元率がアップするのでお得です。

通常ポイント還元率は0.5%

ライフカード(年会費無料)の通常ポイント還元率は0.5%とクレジットカードの平均的な数値となっています。

ライフサンクスプレゼントというポイントプログラムで、カードのショッピング利用1,000円につき1ポイントの「サンクスポイント」がたまります。

交換先にもよりますが、1ポイントの価値は「5円相当」です。

ショッピングモール「L-Mall」の利用でポイント最大25倍


ライフカードのポイントをお得に貯める方法として最も効果的なのが、LIFE-Web Desk会員限定のショッピングモール「L-Mall」を経由してネットショッピングをすることです。

L-Mallを経由してショッピングするだけで、ボーナスポイントがもらえるので見逃す手はありません。

一例として、L-Mallで還元率がアップする人気ショップをまとめました。

  • 楽天市場…2倍
  • Yahoo!ショッピング…2倍
  • Apple公式サイト…2倍
  • ニッセンオンライン…4倍
  • ダイソン公式オンラインストア…3倍
  • BEAMS公式オンラインショップ…3倍
  • FELISSIMO(フェリシモ)…4倍
  • 紀伊國屋書店ウェブストア…3倍
  • Expedia(エクスペディア)…2~9倍

この他にも約500ものショップが掲載されていて、期間限定で還元率が更にアップすることもあるので定期的にチェックしてみてください。

利用方法は、スマホにも対応しているL-Mallのサイトからショップを検索してショップサイトに進み、LIFE-Web DeskのIDとパスワードでログイン後にライフカードを使って買い物をするだけで、ボーナスポイントは2~4か月後に付与されます。

パソコンでL-Mallを利用する場合は、経由忘れを防ぐ「L-Mallナビゲーター」という無料のツールをインストールしておくと、掲載中のショップにアクセスした際にアイコンが光って教えてくれるので便利です。

入会初年度はポイント1.5倍

ライフカードの魅力のひとつが新規入会キャンペーンの「入会初年度はポイント1.5倍」というサービスです。

入会後3か月間や6か月間のポイント還元率がアップするカードはありますが、1年間ずっとポイントアップするカードは貴重なためお得感があります。

よって入会後1年間のポイント還元率は0.75%となり、大きな買い物が控えている場合はカード払いが断然お得です。

誕生月はポイント3倍

ライフカードには、誕生月はポイント3倍となるサービスもあります。

誕生月の還元率は1.5%となり、例えば通常10,000円の利用でたまるのは10ポイント(50円相当)ですが、誕生月の場合は30ポイント(150円相当)となる計算です。

ただし、利用金額に応じたステージポイントや新規入会キャンペーンの1.5倍とは併用できないので注意しましょう。

プレミアムステージ到達で1年間基本ポイント2倍

ライフカードには、会員ごとに決められたプログラム期間中の利用金額に応じて次年度のポイント還元率が決まるステージ制プログラムがあり、使うほどに還元率がアップしてお得です。

プログラム期間は「入会月の翌月1日から1年間」となり、入会初年度は入会月も1年目に含みます。

プログラム期間やステージの判定金額は明細書に記載されているほか、インターネットの「LIFE-Web Desk」でも確認が可能です。

ステージ別のポイント還元率を以下の表にまとめました。
ライフカード ポイント

レギュラーステージ スペシャルステージ ロイヤルステージ プレミアムステージ
年間利用金額 - 50万円以上 100万円以上 200万円以上
ポイント倍率 1倍 1.5倍 1.8倍 2.0倍
ポイント還元率 0.5% 0.75% 0.90% 1.0%

ステージ制度とは別に、50万円達成時には300ポイント(1,500円相当)がもらえます。

ポイント還元率が最大の2倍(1.0%)となるのは年間利用金額が200万円以上の場合なので、1か月あたり約16.6万円を利用していればクリアできる計算です。

公共料金や携帯電話料金の支払い、食料品や日用品などの生活費をカード払いに集約していればそれほど難しい金額ではありません。

年間200万円以上が難しくても、ポイントが1.8倍となる年間100万円以上の利用なら、1か月あたり約8.3万円でクリアできるのでぐっとハードルが下がります。

サンクスポイントの交換先(移行先)

ライフカードで貯めたサンクスポイントの交換先(移行先)は、以下のようになっています。

  • 他社ポイント・マイルへ移行
  • 景品交換(カタログギフト・グルメ・家電など)
  • ギフト券へ交換
  • 電子マネー(Amazonギフト券・ANAスカイコインなど)
  • キャッシュバック
  • 寄付

このうち移行できる他社ポイントは以下の4種類で、いずれも300ポイント以上で交換可能です。

  • dポイント
  • 楽天ポイント
  • ANAマイレージクラブ
  • Pontaポイント(au)

例えば、ドコモのdポイントなら1サンクスポイントが5円相当の「5dポイント」になるので、0.5%の還元率を維持できます。

ANAマイルを選んだ場合は1サンクスポイントが2.5マイルの換算です。

ギフトカードと交換するのもおすすめ

ギフト券への交換(ギフトカードコース)なら、以下のようなギフト券へ交換できます。

  • Amazonギフトカード
  • JCBギフトカード
  • 図書カード
  • QUOカード
  • 洋服の青山
  • Vプリカ

使い勝手の良いギフトカードと交換できるため、自分で使うのもプレゼント用で交換するのもおすすめです。

ポイント有効期限は最大5年間

ライフカードのポイント有効期限は「最大5年間」です。

カード利用でたまるポイントは1年目の終了時に自動的に繰り越しされ、2年間有効となります。

さらに、手続きを行えば最大3年間の繰り越しができるので「最大5年間」という仕組みです。

繰り越し手続きを行わない場合のポイント有効期限は2年間となるので注意しましょう。

ポイントの繰り越し手続きは、会員向けWEBサービスの「LIFE-Web Desk」または自動音声サービスの電話(045-914-7003)から行えます。

  • インターネット(LIFE-Web Desk)…「コース別に特典を見る」→「ポイント繰越」→「カゴに入れる」
  • 電話(045-914-7003)…「42#」→「901#」→「1#」

異なる年度のポイントも一度の手続きでまとめて繰り越しが可能です。

カードの申し込みはこちら

ライフカードの審査

審査

申し込み資格 日本国内に住んでいる18歳以上で電話連絡が可能な方
学生の申し込み 可能(高校生を除く)
専業主婦の申し込み 可能
カード会社の分類 信販系カード
審査回答 最短1営業日後

ここではライフカードを申し込んだ際の審査についての注意点をまとめました。

不用意なミスで審査落ちしたり審査が遅れないように、申し込み前には注意事項等をしっかりと確認しておきましょう。

申し込み資格

ライフカードの申し込み資格は以下の通りです。

  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 日本国内に在住
  • 電話連絡が可能

そのほかにも、オンライン入会の場合のみEメールアドレスが必要で、カードの申し込みには運転免許証などの本人確認書類が必要です。

審査難易度

審査

クレジットカードは発行会社によっても審査難易度が変わり、一般的には、消費者金融系カード > 流通系カード > 信販系カード > 鉄道系・交通系カード > 銀行系カード > 外資系カードの順に審査難易度が甘いとされています。

カードの種類 審査難易度
消費者金融系カード 独自
流通系カード 甘い
信販系カード 普通
鉄道系・交通系カード 普通
銀行系カード 厳しい
外資系カード 超厳しい

ライフカードはアイフルの子会社で信販系クレジットカードに分類されます。

信販系クレジットカードは銀行系クレジットカードと比較すると審査難易度は低いとされていますが、過去に延滞を起こすなど、カードの利用履歴であるクレジットヒストリーに問題がある場合は要注意です。

審査状況の確認方法

ライフカードの審査状況はインターネットから確認できます。

ライフカードの公式サイトにある「審査状況照会」のページに、申し込み時に案内された受付番号と生年月日を入力するだけで審査状況が分かるので便利です。

原則電話による在籍確認は行われない

クレジットカードを申し込んだ際には、申し込み時に勤務先として記載した職場に電話をかけて実際に働いているかを確かめる在籍確認が行われることがあります。

ライフカードでは申し込み内容と提出書類の相違などによっては実施される場合もありますが、原則申込時に勤務先へ在籍確認の連絡は実施していません。

プライバシー保護の観点から、申込内容の確認が必要な場合は、申込者宛に「連絡依頼のメール」「SMS」を送る対応がとられます。

カードの申し込みはこちら

ライフカードの申し込み方法

以前は郵送での申し込みもできましたが、現在はネット申し込みのみに対応。

下記ではネット申し込みの流れについて解説しています。

本人確認の方法は2通り

インターネット申し込みをする際には「オンラインで支払い口座を設定する」もしくは「カード受け取り時に顔写真付き本人確認書類を提示する」にて、本人確認をおこないます。

後者だと顔写真付き証明書が必須になるため、本人限定郵便を受け取れない場合はオンラインで支払口座を設定する必要があるので注意してください。

オンラインで支払い口座を設定する場合

  1. オンラインでお申込内容を入力
  2. オンラインでお支払いの口座設定
  3. 審査結果メールの受信(最短1営業日後)
  4. カード発行(最短2営業日後)
  5. カード到着

ライフカード公式サイトから申し込みをし、オンラインで支払い口座を設定する場合は最短2営業日でカードが発行されます。

申し込み時の時間が正午以降の場合は翌営業日の手続き扱いになってしまうため、最短2営業日での発行を目指すなら午前の早いうちに申し込みましょう。

また、申し込み内容によっては審査時間が長くなり、2営業日以上の時間がかかる可能性があります。記入した内容は何度も確認し、不備がない状態で申し込むのがおすすめです。

オンラインで支払い口座を設定した場合は普通郵便で届きます。

カード受け取り時に本人確認する場合

  1. オンラインでお申込内容を入力
  2. 審査結果メールの受信(最短1営業日後)
  3. カード発行(最短3営業日後)
  4. カード到着時に本人確認

カード受け取り時に本人確認をする場合は、カード発行まで最短3営業日必要です。

繰り返しになりますが、カードは本人限定郵便で郵送されるため顔写真付き証明書1点が必須になります。

本人限定郵便が受け取れない場合は、オンラインで支払い口座を設定するで申し込みましょう。

カード発行までは最短2営業日

「2営業日発行」とは、カードを申し込み後カードを発送するまでの日数です。2日後に届くわけではありません。

また、ライフカードの営業日は土・日・祝日・年末年始を除く平日の月曜日から金曜日を指します。

土曜日に申し込みをしても審査がおこなわれるのは、祝日でなければ次の月曜日です。

ライフカードの作り方・申し込み方法

ライフカードのキャッシングについて

クレジットカードとお金
ライフカードの総利用枠(限度額)は10万円~200万円となっていて、うち0万円~200万円のキャッシング枠を付けることが可能です。

キャッシングとはカードを使ってお金を借りられるサービスのことで、ライフカードのキャッシング枠の利用可能額は申し込み時の希望額に基づき審査で決定され、ショッピングとキャッシングの利用合計=総利用枠となります。

キャッシングは年収の3分の1を超える借り入れができないという「総量規制」の対象となるため、収入のない専業主婦の方などは利用できません。

ライフカードのキャッシング方法

ライフカードのキャッシングは以下の3つの利用方法があります。

  • ATM(国内・海外)
  • インターネット(ネットキャッシング)
  • 電話(テレフォンキャッシング)

ATMは銀行や郵便局、コンビニ・スーパーといった街の様々な場所に設置されているため利便性が高く、1万円単位でキャッシングができます。

海外キャッシングにも対応しているため、海外旅行先の空港などで両替所の手数料より割安な料金で現地通貨を引き出すことも可能です。

インターネットの場合は、会員専用WEBサービスの「LIFE-Web Desk」で24時間いつでも1万円以上1円単位でキャッシングができ、平日の0時~10時までに手続きをすると当日の16時頃までに口座へと振り込まれます。

電話の場合は8時~23時にインフォメーションセンター(045-914-7003)の自動音声ガイダンスに従って手続きを行ってください。

返済方法は一括かリボ払いか

キャッシングの返済方法は翌月一括払いまたはリボ払いとなり、海外利用分は1回払いとなります。

リボ払いは利用残高(未決済残高)によって月々のお支払額が増減する支払い方法で、毎月の支払額は下記の通りです。

前月末残高 支払額
1円~20万円 10,000円
20万円~40万円 20,000円
40万円~60万円 30,000円
60万円~80万円 40,000円

1回あたりの返済額は抑えられますが利息がプラスされ、借りた金額よりも返済額のほうが多いということになります。

返済が長期化する可能性が高いため、慎重に計画的に利用するのがおすすめです。

ライフカードは初めての1枚にもおすすめ

ライフカード

カードの特徴

初年度ポイント1.5倍、誕生月はポイント3倍、L-Mall経由でのネットショッピングでポイント最大25倍など、ポイントがたまりやすい制度が豊富な年会費無料カード。

発行会社 ライフカード
ポイント還元率 0.5
年会費 無料
付帯保険 なし
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天Edy、モバイルSuica、iD
ポイント サンクスポイント
申し込み条件 日本国内にお住まいの18歳以上で、電話連絡が可能な方
追加カード ETCカード(年会費1,100円)初年度無料
家族カード(年会費無料)

ライフカードは年会費無料で3つの国際ブランドから選択できるクレジットです。

入会後1年は1.5倍、誕生月には3倍、1年間の利用金額に応じて翌年度のポイントが最大2倍などなど、出費が多くなりそうな年に発行しておけばお得にポイントがためられます。

ためたポイントはキャッシュバックや他社ポイントに移行、ギフトカードと交換など、使い道もしっかり用意されているのも魅力。

年会費無料でポイントがたまりやすい仕組みになっており、使い勝手が良いカードだといえます。

そんなライフカードは最初の一枚としても、2枚目以降の持っていないブランドのカードとしてもおすすめです。

▼関連記事

ライフカード(年会費無料)
ライフカードの作り方・申し込み方法

ライフカードは、ライフカード株式会社が発行している年会費無料のクレジットカードです。 比較的審査のハードルが低いライフカードですが、申し込み方法を工夫することで審査に通る可能性をより高くすることができ ...

続きを見る


年会費無料のクレジットカード
年会費無料のおすすめクレジットカード比較!実質無料も紹介

年会費無料のクレジットカードでも、ポイント還元率が高いカードや優待特典が付いたカードは多く存在します。 維持費がかからず、お得にカードを利用できるのは年会費無料クレジットカードの魅力です。 そこで今回 ...

続きを見る


学生専用ライフカード
学生専用ライフカードのメリット・デメリット!卒業後の特典変更も解説

学生専用ライフカードは、ライフカード(株)が発行する学生がお得に使えるクレジットカードです。 年会費はクレジットカード、ETCカード共に無料で、海外で利用すると3%キャッシュバック、海外旅行損害保険が ...

続きを見る

「クレジットカードの知恵袋」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。
お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-ライフカード
-, , ,

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.