スマートフォンPLUSは、機種変更にお役立ちの情報を発信するスマートフォンメディアサイトです。

AQUOS sense7のスペックや評判を紹介!

  • 2022年6月21日
  • au, docomo
  • 25904View
  • 0件

2022年11月頃に発売が予想されるAQUOS sense7のスペックや特徴、評判などを紹介します。

機種変更するなら店頭よりオンラインショップがおすすめ!

ドコモ・auで機種変更をするなら、契約頭金や事務手数料などが無料になるオンラインショップを利用するとお得です。

また、店頭のように長い待ち時間が発生せず、店員さんから不要なオプションを強引に勧められることもないので安心して機種変更できます!

↓↓各キャリアの公式サイトはこちら↓↓

↓↓各キャリアの公式サイトはこちら↓↓

ドコモオンラインショップ
公式サイトを見る

auオンラインショップ
公式サイトを見る

 

AQUOS sense7の評価点数

評価項目評価点数
使いやすさ4.0
スペックの高さ(動作の速さ)3.5
バッテリー4.5
カメラ性能3.0
価格4.5
総合評価4.0

※評価は実際の性能・スペック・価格などを考慮し、管理人が独自に判断したものです。

AQUOS sense7を実際に使った人の評判・口コミ

実際に使った人の口コミと評判

発売前のため、まだ口コミは投稿されていません。

順次更新していきます。

AQUOS sense7のスペック

機種のスペック

AQUOS sense7の正式なスペックは公表されていません

前機種と近い性能になることが予想されます。

2021年に発売されたAQUOS sense6、AQUOS sense5Gのスペックは以下の通りです。

機種名AQUOS sense6AQUOS sense5G
画面サイズ6.1インチ5.8インチ
ディスプレイIGZO OLEDIGZOディスプレイ
フルHD対応対応
CPUSnapdragon 690 5GSnapdragon 690 5G
RAM4GB4GB
ROM64GM64GM
OSAndroid™ 11Android™ 11
5G通信対応対応
バッテリー容量4,570mAh(内蔵電池)4,570mAh(内蔵電池)
本体サイズ・高さ:約152mm
・幅:約70mm
・厚さ:約7.9mm
・高さ:約148mm
・幅:約71mm
・厚さ:約8.9mm
重量約156g約178g
アウトカメラ(メインカメラ)・800万画素(広角)
・4,800万画素(標準)
・800万画素(望遠)
・1,200万画素(広角)
・1,200万画素(標準)
・800万画素(望遠)
インカメラ800万画素800万画素
充電器USB Type-CUSB Type-C
イヤホンジャック3.5mmイヤホンジャック3.5mmイヤホンジャック
おサイフケータイ対応対応
のぞき見防止機能非対応対応

AQUOS sense7の発売日

機種の発売日

AQUOS sense7の発売日は未定となっています。

AQUOS senseシリーズは、毎年11月頃に新作が発売されています。そのため、AQUOS sense7も2022年11月頃に発売されると予想されます。

歴代のAQUOS senseシリーズの発売時期は以下の通りです。

AQUOS sense62021年11月
AQUOS sense5G2021年2月(5G対応モデルのため異例)
AQUOS sense42020年11月
AQUOS sense32019年11月

AQUOS sense6はドコモ、au、楽天モバイルから発売されていました。キャリアは変動がある可能性がありますが、AQUOS sense7はドコモ、auからは発売されるでしょう。

発売日やキャリアについては、正式な情報が解禁され次第、順次更新していきます。

AQUOS sense7の価格まとめ

AQUOS sense7の価格は未定となっています。

おそらくAQUOS sense6に近い価格で発売されるでしょう。

AQUOS sense6の価格は下記の通りです。

キャリア通常価格割引価格※
ドコモ57,024円39,864
au40,470 32,430
楽天モバイル39,800

※ドコモの「いつでもカエドキプログラム」、auの「スマホトクするプログラム」を使った際の金額

AQUOS sense6はミドルレンジモデルなので、通常価格から4万円〜5万円台と比較的購入しやすい金額です。また、ドコモとauでは機種代金の割引プログラムを実施しており、利用すれば3万円で入手可能となっています。

AQUOS sense7の正式な価格が発表され次第、順次更新していきます。

AQUOS sense7のカラー

AQUOS sense7のカラーは未定となっています。

AQUOS sense3以降は、ライトカッパー・ブラックが安定して取り入れられています。また、シルバーは「オリーブシルバー」などほかのカラーと組み合わせになることはありますが、毎モデル選出されています。
ライトカッパー・ブラック+シルバー系のカラーはAQUOS sense7でも発売されそうですね。

AQUOS sense6 オレンジカラーAQUOS sense6:ライトカッパー
AQUOS sense6 ブラックカラーAQUOS sense6:ブラック
AQUOS sense6 シルバーカラーAQUOS sense6:シルバー

画像引用元:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

歴代のAQUOS senseシリーズのカラーは下記の通りです。

機種カラー
AQUOS sense6ブルーメタリック・ライトカッパー・シルバー・ブラック
AQUOS sense5Gライトカッパー・オリーブシルバー・ブラック
AQUOS sense4ライトカッパー・シルバー・ブラック
AQUOS sense3ソフトピンク・ライトカッパー・シルバーホワイト・ブラック

AQUOS sense7の正式なカラーが発表され次第、順次更新していきます。

AQUOS sense7の在庫状況

ドコモオンラインショップの在庫状況

ドコモでAQUOS sense7の在庫を確認したい場合は、ドコモオンラインショップから確認可能です。

ドコモの在庫確認手順
①「ドコモオンラインショップ」にアクセスする
②「商品を探す」から「iPhone」or「5Gスマートフォン」or「4Gスマートフォン」をタップ
③在庫を確認したい機種をタップ
④お好みのカラーを選択すると、在庫状況が表示される

ドコモの在庫確認手順の詳細
①ドコモオンラインショップにアクセスする
下記のリンクからドコモオンラインショップにアクセスしてください。②「商品を探す」から「iPhone」or「5Gスマートフォン」or「4Gスマートフォン」をタップ
ドコモ在庫確認手順1

③在庫を確認したい機種をタップ
ドコモ在庫確認手順2

④お好みのカラーを選択すると、在庫状況が表示される
ドコモ在庫確認手順3

ドコモの在庫はこちら

 

auオンラインショップの在庫状況

auでAQUOS sense7の在庫を確認したい場合は、auオンラインショップから確認可能です。

auの在庫確認手順
①auオンラインショップにアクセスする
②「iPhone」or「スマートフォン」を選択
③在庫を確認したい機種をタップ
④お好みのカラーを選択
⑤在庫状況が表示される

auの在庫確認手順の詳細
①auオンラインショップにアクセスする
下記のリンクからauオンラインショップにアクセスしてください。

②「iPhone」or「スマートフォン」を選択
au在庫確認手順1③在庫を確認したい機種をタップ
au在庫確認手順2④お好みのカラーを選択
au在庫確認手順3⑤在庫状況が表示される
上記画像の下赤枠線部分に在庫が表示されます。

auの在庫はこちら

 

AQUOS sense7の機種変更キャンペーン

機種変更キャンペーン

AQUOS sense7関連のキャンペーンは未定となっています。

AQUOS sense6発売時は、ドコモで「抽選で1,000名様に10,000ポイントのdポイントをプレゼント」auで「抽選で1,000名様に10,000円相当のau PAYをプレゼント」というキャンペーンを実施していました。

AQUOS sense7でもdポイントやau PAYなどのポイント還元が行われることが予想されます。

正式なキャンペーン情報については、情報が解禁され次第順次更新していきます。

AQUOS sense7の機能と特徴

機能と特徴

CPUは「Snapdragon 695 5G」搭載か

AQUOS sense6では「Snapdragon 690 5G」が搭載されていましたが、AQUOS sense7では新しい「Snapdragon 695 5G」に変更されるのではないかと予想されます。

「Snapdragon 695 5G」は、2022年に発売予定のエントリーモデル〜ミドルレンジのスマホに多く採用されています。AQUOS sense7もミドルレンジモデルなので、同じCPUになると推測できます。

「Snapdragon 695 5G」は、「Snapdragon 690 5G」と比較すると、15~20%性能がアップすると言われています。ミドルクラスのチップではあるものの、処理性能が優秀なので3Dゲームも重い設定を避ければ問題なくプレイ可能です。

AQUOS sense6のメモリは4GB、ストレージは64GBで、AQUOS sense7でも変更はなさそうです。スマホで最低限使えるくらいの容量なので、いくつもアプリを開いて操作したり、動画をたくさん保存したりといった使い方だと物足りないでしょう。ただし、ストレージに関してはmicroSDで最大1TBまで拡張可能です。いずれにしても日常使いなら支障なく使えるスペックです。

サイズやデザインは大幅な変更はなさそう

AQUOS sense6の本体サイズは、ディスプレイが約6.1インチ、高さ約152mm、幅約70mm、厚さ約7.9mm、重さ約156gでした。AQUOS sense5G以前のモデルと比べると、縦の長さと画面サイズはアップし、横幅や厚さは削って手になじみやすい設計に変更されています。そのため、AQUOS sense7でもサイズの大幅な変更はなさそうです。重さは今の時点で約156gとかなり軽く、バッテリー容量の増加などがあれば比例して重くなるかもしれません。

デザインは、AQUOS sense4以降はほとんど変わっていないことから、AQUOS sense7でも大幅な変更はなさそうです。ただ、ディスプレイのノッチ(フロントカメラなどがある部分)は、最近のスマホのデザインに合わせてもう少し余白が少なくなるかもしれません。現在はしずく型が採用されていますが、パンチホールに変更する可能性も考えられます。
本体のカラーは、先述したようにライトカッパー・ブラック+シルバー系のカラーの3色は出るでしょう。

カメラは機能面の改善に期待したい

AQUOS sense6では、超広角カメラ(標準カメラ)が4,800万画素まで上がりました。その代わり広角カメラの画素数は1,200万画素から800万画素まで下がり、望遠カメラは800万画素のまま変わっていません。これはハイエンドモデルのAQUOS zeroと同じ画素数です。上位モデルに近い性能になったため、AQUOS sense7でも画素数は変更されないのではないかと思います。

正直、画素数についてはスマホの画面で見る限りはほとんど影響がありません。写真を印刷して飾るといった用途でなければ、そこまで心配する必要はないでしょう。

改善してほしいのはカメラの機能面です。AQUOS sense6ではカメラの切り替えにタイムラグがあると言われていたため、スピーディーに切り替えができるようになってほしいところ。また、ズームは指で操作するピンチイン・ピンチアウト方式なので、数字で指定できるようになるとうれしいですよね。

画面の指紋センサーは変わらず搭載されるか

AQUOS sense6からは画面に指紋センサーが搭載され、タッチするだけで指紋認証ができるようになりました。顔認証にも対応しているので、マスクをしているときは指紋認証、マスクを外しているときは顔認証と使いやすい方法を選べます。AQUOS sense7でも画面での指紋認証と、顔認証に対応することは変わらないと予想されます。

ただし、AQUOS sense6の指紋認証は「認証スピードが遅い」「認証してくれないので使いにくい」などネガティブな口コミが多いので、認証センサーは改善してほしいところです。

バッテリー容量は増加するかも

AQUOS sense4以降、バッテリーは4,570mAhを搭載しています。しかし、Galaxy A53やXperia 10 IVなど、2022年に発売されたミドルレンジスマホの中には5,000mAhの容量に変更となった機種もあり、AQUOS sense7でもバッテリー容量がアップするかもしれません。

CPUのグレードアップと合わせると、充電持ちがさらに向上しそうですね。ちなみに、AQUOS sense6では通話やメッセージのやり取りを中心に1日1時間程度の使用であれば、1週間電池が持ちます。また、動画では1回の充電で1日中視聴できるくらいは持つようです。

こんな人におすすめ!AQUOS sense7のおすすめポイント

おすすめポイント

まだ正式なスペックはまだ発表されていないAQUOS sense7ですが、低価格に3Dゲームがプレイできるスマホを購入したい方、外出先でスマホを使うことが多い方、標準な画面サイズはそのままに軽さも両立したい方におすすめの機種になりそうです。

AQUOS sense7はミドルレンジモデルですが、優れた性能を備えた「Snapdragon 695 5G」を搭載する可能性があります。高画質設定やほかのアプリをオフにした状態なら3Dゲームも問題なくプレイできるでしょう。「スペックの高いスマホは高くてなかなか手が出ないけど、ゲームがプレイできるくらいの性能はほしい」という方は期待したいところですね。

AQUOS sense6ですでに1週間もの電池持ちを実現していますが、AQUOS sense7ではバッテリー容量のアップやCPUの変更などでさらに長時間稼働できるようになるかもしれません。外出先でスマホを使う機会が多く、充電持ちを重視したい方にも最適な機種です。

また、AQUOS sense6では約6.1インチの標準サイズのディスプレイを搭載しつつも、重さは約156gとかなり軽量なスマホでした。AQUOS sense7でも大幅な増量などがなければ、見やすい画面サイズと軽量ボディを両立できるでしょう。

AQUOS sense7について続報が出次第、詳しくご紹介したいと思います。

こんな人には向いていない!AQUOS sense7のデメリット

デメリット

おすすめポイントと同様、AQUOS sense7については正式な情報が出ていない状況ではありますが、複数のアプリを同時に操作したい方、本格的な写真・動画を撮影したい方には不向きでしょう。

AQUOS sense6のメモリは4GBと、スマホで最低限必要なレベルの容量。AQUOS sense7でも変更がなければ、同時に複数のアプリを開いて操作すると重くなりやすい可能性が高いです。たとえば、ゲームアプリを開いたままメッセージをやり取りするといった操作は難しいかもしれません。

また、AQUOS sense6はトリプルカメラを搭載していたり、電子式手ブレ補正やナイトモードなどの機能を搭載していますが、仕上がりの美しさはまずまずといったところです。プロ並みにきれいな写真や動画を撮りたい方には物足りない性能でしょう。

AQUOS sense7について続報が出次第、詳しくご紹介したいと思います。

機種変更するならオンラインショップがお得で便利!

docomo・auオンラインショップ

ドコモ・auで機種変更をするならオンラインショップを利用すると良いです。

オンラインショップを利用すると、各キャリアの店頭で機種変更した場合にかかる頭金3,000円~10,000円程度が無料になります。

また、店頭のように長い待ち時間が発生せず、自分の空き時間に機種変更が可能です。

店員さんに、強引に不要なオプションを勧められることもないので安心して機種変更できますね!

 ① 契約事務手数料(2,200円~3,300円)が0円になる ※ドコモ限定

 ② 店頭購入の頭金(3,300円~11,000円)が無料になる

 ③ 家にいながら空き時間で機種変更ができる

 ④ 在庫を探して歩き回る必要はなし

 ⑤ 不要なオプションに加入する必要なし!

 ⑥ オンライン限定のキャンペーンが利用できることも!?

※キャンペーンについては、各キャリアのオンラインショップ公式サイトにご確認ください。

\各キャリアの公式サイトはこちら/
ドコモオンラインショップ
公式サイトを見る

auオンラインショップ
公式サイトを見る

まとめ・総評

今回は、2022年11月頃に発売が予想されるAQUOS sense7のスペックや特徴、評判などをご紹介しました。

AQUOS sense6から変更が予想されるポイントを簡単におさらいしてみましょう。

  • CPUは「Snapdragon 695 5G」に変更?
  • ディスプレイのノッチはさらに余白が減る?
  • カメラの切り替え速度は改善に期待
  • 画面の指紋認証センサーも改善してほしいところ
  • バッテリー容量は5,000mAhまでアップ?

シャープは毎年9月頃に新作発表会を実施しています。AQUOS sense7の情報も2022年9月頃に公開されるかと思いますので、期待して待ちたいと思います。