Skip to content

黄身の白い卵|モニター あやさん

 

モニターレポート

黄身の白い卵

あやさん (40代 / 女性)

 2020/09/16

なんとなく黄身の色の濃い卵のほうが、栄養価が高いイメージないですか?
実は、黄身の色の濃さと栄養価は関係ないのです!

なぜ、黄身の色の濃いたまごができるかと言うと、鶏に黄身の色の濃くなるようなエサ(パプリカや甲殻類の殻など)を食べさせているからなんです。

この『竹内養鶏場』は、卵は毎日食卓へあがるものだからこそ、皆様に安心して食べていただきたい、というオモイから、真に安全で安心して食べれるような卵づくりをされています。

だから、卵の黄身にわざわざ色をつけるようなことはせず、北海道米を主原料とした飼料を鶏に与えているため、黄身の色はレモンイエローなんです!

普通の卵と並べて写真を撮ってみましたが、色の違いが一目瞭然ですよね。

卵焼きも作ってみました。
我が家のこどもたちは卵焼きが大好きで、実は毎日食べています!
こどもに食べさせるものだから余計に、安心して食べさせることのできるものを選びたい、です。

もちろん、安心なだけでなくお味もコクがあって美味しかったですよ~♪

このモニターレポートの商品はこちら

白いたまご 米艶

この商品の詳細はこちら

同じ商品のモニターレポート

北海道産99.8%のお米を主原料とした、白い黄身の卵。 白いたまご米艶を食べてみました♬ 殻を割って...

奇跡の白い卵

 2020/09/15

すごいミラクルな卵に出会いました♩ ※並べているのは普通の黄色い卵 こちらは、北海道が育んだ〝...