スマートフォンPLUSは、機種変更にお役立ちの情報を発信するスマートフォンメディアサイトです。

ドコモで機種変更した時の料金シミュレーション!最低維持費は何円?

  • 2021年10月10日
  • 2022年5月23日
  • docomo
  • 6771View
  • 0件

ドコモで機種変更すると毎月の維持費はどれくらいかかるのでしょうか。通信料金はいくらなのか、端末料金はいくらなのか、ドコモに機種変更するか迷っている方や、現ドコモユーザーの方はとても気になると思います。

そこでこの記事ではドコモで機種変更する際の最低維持費とプラン、キャンペーンの組み合わせをまとめました。おすすめのオプションサービスやパターン別のお得な通信プランなども多数解説していますので、ドコモで機種変更を考えている方はぜひ参考にしてください。

ドコモで機種変更するなら店頭よりオンラインショップがおすすめ!
auショップや量販店ではなく、ドコモオンラインショップを利用して機種変更した方がお得なことが多いです。
ドコモオンラインショップで機種変更すると以下のようなメリットがあります。

 契約事務手数料(2,200円~3,300円)が無料になる

 店頭購入の頭金(3,300円~11,000円)が無料になる

 家にいながら空き時間で機種変更ができる

 不要なオプションに加入する必要なし!

\頭金&事務手数料が無料!/
ドコモオンラインショップ
公式サイトを見る

↑待ち時間なしでカンタン機種変更↑

ドコモの最低維持費

iPhoneの最低維持費

ドコモのiPhoneの最低維持費は2,178円です。

この最低維持費には、通話かけ放題や機種代金は含まれておらず通信料のみです。通常3,465円の5Gギガライトプラン(1GB)をもとに算出しました。

このギガライトプランはドコモ光セット割、ファミリー割(自分を含めた家族3人以上がドコモユーザー)、dカードお支払い割、以上3つの割引が適用されると月々2,178円になるのです。

例えばiPhone12 64GBを36回の分割払いで購入した場合の分割支払金は2,816円になります。この分割支払金と先程のギガライトプランの通信料金を足すと、毎月の最低維持費は4,994円になる計算です。

ただこのギガライトプランは月々の通信量によって支払額が変わります。1GBまでで2,178円、3GBまでで2,728円、5GBまでで3,278円と、通信量が増えるほどに550円ずつ上がっていきます。7GBに達すると4,378円と5GBの時よりも1,100円上がってしまうので注意してください。

5Gスマホの最低維持費

iPhone同様、5Gスマホの最低維持費は2,178円です。

この最低維持費には、通話かけ放題や機種代金は含まれておらず通信料のみです。通常3,465円の5Gギガライトプラン(1GB)をもとに算出しました。

このギガライトプランはドコモ光セット割、ファミリー割(自分を含めた家族3人以上がドコモユーザー)、dカードお支払い割、以上3つの割引が適用されると月々2,178円になるのです。

例えばAQUOS R6を36回の分割払いで購入した場合の分割支払金は3,212円になります。この分割支払金と先程のギガライトプランの通信料金を足すと、毎月の最低維持費は5,390円になる計算です。

4Gスマホの最低維持費

4Gスマホも上記同様、最低維持費は2,178円です。

この最低維持費には、通話かけ放題や機種代金は含まれておらず通信料のみです。通常3,465円のギガライトプラン(1GB)をもとに算出しました。

このギガライトプランはドコモ光セット割、ファミリー割(自分を含めた家族3人以上がドコモユーザー)、dカードお支払い割、以上3つの割引が適用されると月々2,178円になるのです。

例えばXperia Ace IIを36回の分割払いで購入した場合の分割支払金は616円になります。この分割支払金と先程のギガライト1GBプランの通信料金を足すと、毎月の最低維持費は2,794円になる計算です。

まとめ表

スマホ最低維持費契約プラン使用可能通信量適用キャンペーン
iPhone2,178円5Gギガライトプラン1GB/月ドコモ光セット割、ファミリー割、dカードお支払い割
5Gスマホ2,178円5Gギガライトプラン1GB/月ドコモ光セット割、ファミリー割、dカードお支払い割
4Gスマホ2,178円ギガライトプラン1GB/月ドコモ光セット割、ファミリー割、dカードお支払い割

適用するキャンペーンについて

ドコモで最低維持費を実現するためには、ドコモ光セット割、ファミリー割、dカードお支払い割の3つが必要になります。ここからはこの3つのキャンペーン内容、適用条件、割引金額を解説していきます。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割は、ドコモのギガプランとドコモ光回線をセットで申し込むと適用されるキャンペーンです。ギガプランというのは、「5Gギガホプレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホプレミア」「ギガホ」「ギガライト」のことを指します。毎月の通信料金が1,100円割り引かれます

さらに、家族がドコモユーザーであれば、その家族全員にもこの割引が適用されるのです。離れて住んでいるご家族も割引対象という点も嬉しいポイントですね。

ただし、いくらご家族がドコモをお使いでもファミリー割引が適用されないとドコモ光セット割が他の家族の方に適用されないので注意してください。詳細は下記のファミリー割引の部分で解説します。

ドコモユーザーはこの割引があるだけで毎月1,100円もお得になります。逆を言えばこの割引がないと最低維持費が3,278円に跳ね上がるのです。この割引の適用に必要なドコモ光は、電話回線、テレビ回線、WiFi環境が全てセットになったプランがあります。ご家族で新居に引っ越される方はWi-Fi回線を新調しなければならない場合がほとんどだと思いますので、この機会にぜひ検討してみてください。

ファミリー割

こちらはご家族内の国内通話が全額無料になるキャンペーンです。主回線から三親等以内の家族であれば、どなたでも20回線まで「ファミリー割引」のグループに加入できます。離れて暮らす家族の方や、親戚の方、事実婚や同性パートナーの方もグループに加入することができます。かけ放題プランに加入せずとも、家族内の電話代が無料になるので大変お得です。

この割引は申し込みが必要なのでグループ加入を検討している方は、申し込みを必ず済ませておきましょう。また、子回線がahamoの場合、ドコモの携帯側から電話をかける際は電話代が無料になります。

例をあげるのであれば、父親がドコモ、子供や奥さんがahamoの場合、父親から電話をかける分には電話代が無料になります。逆の場合は30秒あたり22円の通話料金がかかってしまいますが、ドコモ側から電話をかける分には無料なので覚えておきましょう。

また、ファミリー割のグループ加入申し込みをしておかないと、上記で解説したドコモ光セット割がご家族に適用されないので注意してください。そしてグループ加入人数が3人以上いればドコモ光セット割の割引金額が1,100円になりますが、2人だと550円になってしまうことも忘れないでください。

dカードお支払い割

「ドコモのギガプラン」「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」「ケータイプラン」のどれかをご契約中の方は、毎月の携帯料金をdカード(クレジットカード)で支払うだけで187円割引されます。

dカードには年会費がかかる「dカードGOLD」、年会費無料の「dカード」、dポイントが貯まる「ポイント専用カード」の3種類ありますが、「dカードGOLD」と「dカード」であればクレジットカード機能がついていますので、月額料金の支払いに利用できます。

187円しか割引されないので意味ないと思うかもしれませんが、年間で2,244円割引されます。1ヶ月の最低維持費をこの割引額だけで賄うことができるのです。

最低維持費プランの注意点

最低維持費の項目で説明しましたが、ドコモのギガライトプランはデータ使用量によって毎月の料金が変わります。月のデータ使用量が1GB未満であれば最安の2,178円になりますが、それを超えてしまうと段階的に支払額が上がるので、大半の方は最低維持費よりも高い料金を支払うことになります。

毎月のデータ使用量が1GB未満の人や、不安定な方はこのギガライトプランで最低維持費2,178円を実現できますが、7GB以上データを使用する方は下記で解説するahamoの20GB使い放題プランの方が安く済みます。月額2,970円で加入できるので、下記のahamoも検討してみてください。

また、上記で解説した3つの割引が適用されることで最低維持費2,178円となるので、どれか1つでもキャンペーンが適用されないと最低維持費は高くなってしまいます。

特にドコモ光セット割はファミリー割に加入していないご家族は割引が適用されないので注意が必要です。また家族グループに自分含め3人以上のドコモユーザーがいないと1,100円の割引が適用されず550円の割引になってしまいます。

他の料金プラン

上記で説明した通り、ギガライトで最低維持費を実現するにはデータ使用量1GB未満が前提です。大半の方は毎月1GB以上のデータ通信を行うと思います。毎月20GBほどあれば十分という方は「ahamo」、テザリングする機会が多く、60GBは欲しいという方は「ギガホプレミア」がオススメです。

ahamoはドコモの新プランで、月額2,970円で20GBのデータを使い放題のコストパフォーマンスに優れたプランです。学生をはじめ、SNSや動画視聴をたっぷり楽しみたい方にオススメです。ドコモメールや、店舗でのサポートが利用できなくなりますが、オンラインでサポートを受けられる他、SNSやGmailは利用できるので、そこまで困ることはありません。

ドコモのギガホプレミアは月額4,818円で毎月60GBまで使い放題の大容量プランです。これだけデータ量を自由に使えるのでテザリングするのに適しています。出張が多く、出先でパソコンを使う機会の多い方や、家にパソコンがなく、Wi-Fiを使わなくても良い方はこのギガホプレミアがオススメです。

他のオプション

ドコモは数多くのオプションサービスを提供しています。その中でもオススメなのが「クラウド容量オプション」「ケータイ補償サービス」「あんしんセキュリティ」の3つです。それぞれ解説していきます。

クラウド容量オプション

このサービスはスマホの容量に空きを作るために、スマホの中のデータをドコモが提供するサーバーに保管できるサービスです。AppleでいうところのiCloudに当たるので、スマホユーザーや、iCloudだけでは足りないiPhoneユーザーにオススメです。

無料で5GBまで写真や動画などのデータを保管することができ、追加で10GB、25GB、50GBの容量を増やすことができます。スマホと違ってiPhoneはSDカードに対応していないので、クラウドサーバーは容量の確保に欠かせません。

データの管理は大変ですが、ドコモでiPhoneをお使いの方はiCloudに5GB、ドコモクラウドに5GBまで無料でデータを預けられます。計10GBを無料で利用できるのでぜひ利用してみてください。

ケータイ補償サービス

携帯電話は精密機械ですので水漏れ、破損、故障など様々なリスクに晒されています。このような”もしもの事態”に補償をしてもらえるサービスがこのケータイ補償サービスです。

iPhoneは購入から1年間修理代が無料に、2年目以降は5,500円まで修理代金が出ます。iPhone以外のスマホは保証対象内の故障であれば何年経っても全額無料です。

その他にもトラブル発生時に予備の電話を提供してくれたり、紛失時にケータイお探しサービスが利用できます。月額料金は機種によって363円〜1,100円まで幅がありますが、XperiaやGalaxyシリーズ最新スマホのような高額スマホの補償サービスは1,100円の場合が大半です。

毎月の携帯料金が1,100円高くなってしまうのは痛いですが、端末の故障が心配な方はサービスに加入しておきましょう。また、この補償サービスは機種購入時にしか入れないので、加入する予定の方は必ず購入時に加入しましょう。

あんしんセキュリティ

iPhone、Android関わらずスマホは常にウイルスや情報漏洩のリスクを抱えています。このあんしんセキュリティは月額200円で自分のスマホにウイルス対策、危険サイト対策、危険Wi-Fi対策、迷惑メール対策、迷惑電話対策、アプリのプライバシーチェックと幅広いセキュリティ対策を施すことができます。

無料のセキュリティソフトよりは、お金を払ってセキュリティ対策した方が安心ですよね。このサービスを利用するもよし、お金に余裕のある方は有料で別のセキュリティソフトを用いるもよしです。

ドコモで機種変更するならオンラインショップがお得で便利!

ドコモオンラインショップ

ドコモで機種変更をするならオンラインショップを利用すると良いです。

オンラインショップを利用すると、ドコモショップの店頭で機種変更した場合にかかる頭金3,000円~10,000円程度が無料になります。

また、店頭のように長い待ち時間が発生せず、自分の空き時間に機種変更が可能です。

店員さんに、強引に不要なオプションを進められることもないので安心して機種変更できますね!

 ① 契約事務手数料(2,300円~3,300円)が0円になる

 ② 店頭購入の頭金(3,300円~11,000円)が無料になる

 ③ 家にいながら空き時間で機種変更ができる

 ④ 在庫を探して歩き回る必要はなし

 ⑤ オンライン限定のキャンペーンが利用できることも!?

※キャンペーンについては、ドコモオンラインショップ公式サイトにご確認ください。

\事務手数料が無料!/
ドコモオンラインショップ
公式サイトを見る

 

ドコモの最低維持費のQ&A

ドコモのiPhoneの最低維持費は?
ドコモのiPhoneの最低維持費は2,178円(税込)です。
ドコモの5Gスマホ(Android)の最低維持費は?
ドコモの5Gスマホ(Android)の最低維持費は2,178円(税込)です。
ドコモの4Gスマホ(Android)の最低維持費は?
ドコモの4Gスマホ(Android)の最低維持費は2,178円(税込)です。
最低維持費にするためには何のキャンペーンを適用する必要がありますか?
ドコモで最低維持費を実現するためには、ドコモ光セット割、ファミリー割、dカードお支払い割の3つが必要になります。
キャンペーン適用せずに、ドコモスマホの維持費を安くしたいです。おすすめのプランはありますか?
ドコモの新プラン「ahamo(アハモ)」がおすすめです。ahamo(アハモ)なら、月額2,970円(税込)で20GBのデータを使い放題のコストパフォーマンスに優れたプランです。

まとめ

今回はドコモの料金シミュレーションをしました。

毎月の最低維持費はギガライトプランにドコモ光セット割、ファミリー割、dカードお支払い割の3つが適用された結果の2,178円です。

しかしこちらには端末料金が含まれていないので、通信料と端末料金を合わせて3,000円以上はどうしてもかかってしまいます。さらに1GB以上データ通信してしまうと通信料金が段階的に上がってしまいます。端末を一括払いすれば、毎月通信量だけ払えば良いのですが、端末料金を2/3に抑えることができるスマホかえトクプログラムが利用できなくなります。

1番現実的な維持方法としては、毎月2,970円のahamoの20GBプランと、端末をかえトクプログラムで購入するのが最も維持費と使いやすさのバランスが取れた組み合わせです。正直ギガライトよりも800円多く支払うだけでデータ通信量が1GBと20GBまで変わってくるので、お金に余裕のある方はahamoプランを契約することをオススメします。

端末にもよりますが、月々通信料と端末料金合わせて4,000円〜6,000円で20GBのデータ通信が使い放題ですので、ぜひ検討してみてください。