スマートフォンPLUSは、機種変更にお役立ちの情報を発信するスマートフォンメディアサイトです。

LEITZ PHONE 2のスペックや評判を紹介!

2022年の夏頃に発売が予想されるLEITZ PHONE 2のスペックや特徴、評判などを紹介します。

ソフトバンクで機種変更するなら店頭よりオンラインショップがおすすめ!
ソフトバンクショップや量販店ではなく、ソフトバンクオンラインショップを利用して機種変更した方がお得なことが多いです。
ソフトバンクオンラインショップで機種変更すると以下のようなメリットがあります。

 契約事務手数料(3,300円)が無料になる

 店頭購入の頭金(3,300円~11,000円)が無料になる

 家にいながら空き時間で機種変更ができる

 不要なオプションに加入する必要なし!

\頭金&事務手数料が無料!/
ソフトバンクオンラインショップ
公式サイトを見る

↑待ち時間なしでカンタン機種変更↑

\頭金&事務手数料が無料!/
SoftBankオンラインショップ
公式サイトを見る

↑待ち時間なしでカンタン機種変更↑

LEITZ PHONE 2の評価点数

評価項目評価点数
使いやすさ4.5
スペックの高さ(動作の速さ)4.5
バッテリー4.5
カメラ性能5.0
価格2.0
総合評価4.0

※評価は実際の性能・スペック・価格などを考慮し、管理人が独自に判断したものです。

LEITZ PHONE 2を実際に使った人の評判・口コミ

実際に使った人の口コミと評判

発売前のため、まだ口コミは投稿されていません。

順次更新していきます。

LEITZ PHONE 2のスペック

機種のスペック

LEITZ PHONE 2の正式なスペックは公表されていません

LEITZ PHONE 1は、同じシャープ製のハイエンドスマホAQUOS R6の性能を強く受け継いでいます。そのため、LEITZ PHONE 2では2022年7月頃に発売予定のAQUOS R7に近い性能になるのではないかと予想されます。

AQUOS R7と、前機種であるLEITZ PHONE 1のスペックは下記の通りです。

機種名AQUOS R7LEITZ PHONE 1
画面サイズ約6.6インチ約6.6インチ
ディスプレイ・Pro IGZO OLED
・ワイドWUXGA+(2,730×1,260)
・Pro IGZO OLED
・ワイドUXGA+(2,730×1,260)
CPU・Snapdragon™ 8 Gen 1 Mobile Platform
・クロック周波数:2.9GHz+1.7GHz
・コア数:オクタコア
・Snapdragon™ 888 5G
・クロック周波数:2.8GHz+1.8GHz
・コア数:オクタコア
メモリ・RAM:12GB
・ROM:256GB
・外部ストレージ:microSDXC(最大1TB)
・RAM:12GB
・ROM:256GB
・外部ストレージ:microSDXC(最大1TB)
OSAndroid™ 12Android™ 11
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
本体サイズ測定中・幅:74mm
・高さ:162mm
・厚さ:9.5mm
重量測定中約212g
アウトカメラ(メインカメラ)・画素数:約4,720万 CMOS
・測距用センサー:約190万画素
・F値:1.9
・画素数:約2,020万画素+ToF
・F値:1.9
インカメラ・画素数:約1,260万画素 CMOS
・F値:2.3
・画素数:約1,260万画素
・F値:2.3
充電器USB Type-CUSB Type-C
イヤホンジャックイヤホンマイク端子(3.5φ)イヤホンマイク端子(3.5φ)
NFC対応対応

LEITZ PHONE 2の発売日

機種の発売日

LEITZ PHONE 2の発売日は未定となっています。

LEITZ PHONE 1の発売日は2021年7月16日で、ソフトバンクの独占販売でした。そのため、LEITZ PHONE 2もソフトバンク限定で、2022年夏頃に発売されるのではないかと予想されます。

LEITZ PHONEは、カメラのブランドとして有名なライカ(Leica)が監修したスマホで、製造元はシャープです。シャープ製のハイエンドスマホはソフトバンクで販売されることが多く、LEITZ PHONEもその中の1つとなっています。

今後「LEITZ PHONE 2」「LEITZ PHONE 3」とシリーズが続いた場合も、ソフトバンクが販売先になるのではないかと思います。

発売日やキャリアについては、正式な情報が解禁され次第、順次更新していきます。

LEITZ PHONE 2の価格まとめ

LEITZ PHONE 2の価格は未定となっています。

おそらくLEITZ PHONE 1と同じくらいの価格になるのではないかと予想されます。

LEITZ PHONE 1の価格は下記の通りです。

本体価格割引適用時※
187,920円93,960

※新トクするサポートを使った際の金額

通常価格では18万円超えとかなり高額な値段設定ですが、前機種と同様にソフトバンクで発売される場合は、機種代金の割引プログラム「新トクするサポート」が利用できます

約2年で端末を返却する前提にはなりますが、大幅な割引が適用されるのでLEITZ PHONE 2でも9万円台〜購入できる可能性があります。

LEITZ PHONE 2の正式な価格が発表され次第、順次更新していきます。

LEITZ PHONE 2のカラー

LEITZ PHONE 2のカラーは未定となっています。

LEITZ PHONE 1では「Leica silver(レイカシルバー)」1色のみでした。

LEITZ PHONE 1のイメージ画像

画像引用元:https://www.softbank.jp/

同じシャープ製のAQUOS Rシリーズは2〜3色のカラー展開になることが多いので、LEITZ PHONE 2でもカラーが追加されるのではないかと思います

また、最新のAQUOS Rシリーズはブラック・ホワイト・シルバーなどベーシックカラーが主流になっているため、LEITZ PHONE 2でも同じような色展開になることが予想されます。

AQUOS R7、AQUOS R6のカラーは以下の通りです。

AQUOS R7のグレーカラーAQUOS R7:シルバー
AQUOS R7のブラックカラーAQUOS R7:ブラック

画像引用元:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

AQUOS R6ブラックカラーAQUOS R6:ブラック
AQUOS R6ホワイトカラーAQUOS R6:ホワイト

画像引用元:https://www.softbank.jp/

LEITZ PHONE 2の在庫状況

ソフトバンクオンラインショップの在庫状況

ソフトバンクでLEITZ PHONE 2の在庫を確認したい場合は、ソフトバンクオンラインショップから確認可能です。

ソフトバンクの在庫確認手順
①ソフトバンクオンラインショップにアクセスする
②在庫を確認したい機種をタップし「購入する」をタップ
③手続き内容や受取場所「自宅」を選択し、「機種選択に進む」をタップ
④容量orカラーの上に在庫状況が表示される(何も表示が無い場合は在庫あり)

ソフトバンクの在庫確認手順の詳細
①ソフトバンクオンラインショップにアクセスする
下記のリンクからソフトバンクオンラインショップにアクセスしてください。

②在庫を確認したい機種をタップし「購入する」をタップ
SoftBank在庫確認手順1

③手続き内容や受取場所「自宅」を選択し、「機種選択に進む」をタップ
SoftBank在庫確認手順2

④容量orカラーの上に在庫状況が表示される(何も表示が無い場合は在庫あり)

↓左が在庫あり、右が予約商品↓

SoftBank在庫確認手順3

↓在庫なしの場合↓

SoftBank在庫確認手順4

ソフトバンクの在庫はこちら

 

LEITZ PHONE 2の機種変更キャンペーン

機種変更キャンペーン

LEITZ PHONE 2関連のキャンペーンは未定となっています。

LEITZ PHONE 1の発売当時は特にキャンペーンは実施されていないようです。一方、AQUOS R6の発売時は、「購入者にもれなくPayPayボーナス5,000円相当プレゼント」という内容のキャンペーンを開催しています。

LEITZ PHONE 2はかなり高額なスマホなので、それなりの特典が用意されるのではないかと思います

正式なキャンペーン情報については、情報が解禁され次第順次更新していきます。

LEITZ PHONE 2の機能と特徴

機能と特徴

カメラは画素数がアップする可能性が高い

ライカ監修だけあり、全体的に高性能を備えている中でも特にカメラに力を入れているLEITZ PHONE 2。前機種の画素数は約2,020万画素となっていますが、LEITZ PHONE 2では約4,720万画素まで上がるのではないかと予想されます。

LEITZ PHONE 1のカメラの性能はAQUOS R6と近く、画素数も同じ2,020万画素でした。LEITZ PHONE 2ではAQUOS R7に近い性能になる可能性が高く、AQUOS R7のカメラの画素数は約4,720万画素です。よって、LEITZ PHONE 2でも同じ約4,720万画素が採用されるのではないかと思います。

最新のハイエンドスマホはデュアルカメラやトリプルカメラが多いですが、LEITZ PHONE 2では引き続きシングルカメラになりそうです。また、センサーはすでにスマホ最大レベルの1インチサイズが搭載されているので、特に変更はないのではないかと思います。

動画ではAQUOS R7と同じく最高画質の8Kに対応するかもしれません。LEITZ PHONE 1では最大4Kまでだったので、本格的な動画を撮影したい方は期待したいところですね。

インカメラは、LEITZ PHONE 1、AQUOS R7で約1,260万画素が採用されているので、こちらも特に大きな変更はなさそうです。

CPUは「Snapdragon™ 8 Gen 1 」搭載か

前機種のCPUは「Snapdragon™ 888 5G」を搭載していましたが、LEITZ PHONE 2では最新の「Snapdragon™ 8 Gen 1」に変更になる可能性が高いです。

AQUOS R7をはじめ、2022年に発売予定のハイスペックスマホの多くは「Snapdragon™ 8 Gen 1」を採用しています。LEITZ PHONE 2も2022年中に発売されるなら同じCPUになるのではないかと思います。

「Snapdragon™ 888 5G」もハイエンドモデルの多くに搭載されている優秀なチップですが、「Snapdragon™ 8 Gen 1」と比較すると処理性能は11%、GPU性能は44%、AI性能50%アップとさらに進化を遂げています。本格的な3Dゲームもサクサクと動作するでしょう。

また、AI性能がアップしたことでカメラ機能の向上も期待できます。たとえば、AFがより正確で素早くなり、夜景や暗所での撮影の精度が上がるなど、旧モデルよりもさらに使い勝手が良くなるでしょう。

LEITZ PHONE 1のメモリは12GB、ストレージ容量は256GBですが、AQUOS R7も同じスペックであることから変更はなさそうです。microSDカードで最大1TBの拡張が可能なので、動画をたくさん撮影したり保存したい方も問題ないでしょう。

ディスプレイはフラットデザインに変更されるかも

LEITZ PHONE 1のディスプレイは、AQUOS R6と同じ側面が歪曲したラウンドフォルムでした。しかし、AQUOS R7のディスプレイはフラットな形状が採用されていることから、LEITZ PHONE 2でもフラットデザインに変更されるのではないかと予想されます。

LEITZ PHONE 1のディスプレイは約6.6インチ、繊細な色表現や省エネにも長けているAQUOSの「Pro IGZO OLED」で、解像度は2,730×1,260です。AQUOS R7でも搭載していることから、LEITZ PHONE 2でも同じ仕様になるのではないかと思います。

「Pro IGZO OLED」はリフレッシュレートが1Hz〜240Hzに対応しており、表示するコンテンツに合わせて自動で調整してくれます。動きの激しい3Dゲームなどもなめらかに表示してくれるので、本格的なスマホゲームをプレイしたい方にも最適。もちろん写真や動画なども美しい画面で楽しめます。

本体サイズ・バッテリー容量は変更なし?

LEITZ PHONE 1の本体サイズは幅74mm、高さ162mm、厚さ9.5mm、重さ約212gでした。AQUOS R7は現在測定中のため参考になるものはないですが、LEITZ PHONE 2で大幅な変更はなさそうです。212gとかなり重めなので、若干の軽量化はありそうですね。

バッテリーはLEITZ PHONE 1で5,000mAhを搭載していましたが、AQUOS R7でも同容量であることからLEITZ PHONE 2でも変更はなさそうです。ただし、CPUが「Snapdragon™ 8 Gen 1」にグレードアップすれば電池持ちは向上するでしょう。

ワイヤレス充電に対応する可能性あり

LEITZ PHONE 1とAQUOS R6ではワイヤレス充電には対応しておらず、有線のみ対応でした。しかし、AQUOS R7でワイヤレス充電に対応していることから、LEITZ PHONE 2でもワイヤレス充電が使えるようになる可能性があります

ワイヤレス充電は、Qi規格対応の専用充電器があればスマホをセットするだけ簡単に充電できる機能。コードなしですっきり使えることや、断線の心配がなくなるといったメリットがあります。LEITZ PHONE 2でもぜひ使えるようになるとうれしいですね。

生体認証・イヤホンジャック・おサイフケータイは変わらない?

LEITZ PHONE 1では指紋認証・顔認証に対応、3.5mmイヤホンジャック搭載、おサイフケータイ対応していましたが、この3点はAQUOS R7でも対応していることから、LEITZ PHONE 2でも変わらないことが予想されます。

指紋認証・顔認証はマスクを付けているとき・外しているときでも素早くロック解除等が行えるので、両方使えると便利ですよね。また、最近のスマホは3.5mmイヤホンジャックを廃止している機種も多いですが、AQUOS RやLEITZ PHONEではしばらく対応となりそうです。

おサイフケータイは、キャッシュレス決済が主流になりつつある今必須級の機能なので、非対応となることはないでしょう。

こんな人におすすめ!LEITZ PHONE 2のおすすめポイント

おすすめポイント

まだ正式なスペックはまだ発表されていないLEITZ PHONE 2ですが、一眼レフのような本格的な撮影がしたい方、3Dゲームをプレイしたい方、高画質で動画を視聴したい方などにおすすめできる機種になりそうです。

一眼レフカメラで有名なライカ監修ということもあり、一番の強みはやはり背面に搭載されたカメラです。大口径レンズ、スマホ最大級の大型センサー、そしてライカらしいモノクロ写真が撮影できる「Leitz Looks」モードなどを駆使すれば、まるでプロが撮ったような本格的な写真に仕上がります

フラグシップモデルならではのハイスペックなCPUも魅力の1つ。最新の「Snapdragon™ 8 Gen 1」搭載が実現すれば、Androidの中でトップレベルの処理性能を持つことになります。3Dゲームがカクついたり遅延しない環境で快適にプレイしたい方も安心の優秀さです。

前機種からの約6.6インチの大画面が継承されれば、ゲームのみならず映画やドラマなど高画質な映像を楽しみたい方もきっと満足するでしょう。AQUOSの「Pro IGZO OLED」は10億色もの色表現が可能で、有機ELならではのコントラスト比で美しい画面を映し出してくれます。しかも消費電力が少なく、1回の充電で長時間稼働してくれるというメリットがあります。

LEITZ PHONE 2について続報が出次第、詳しくご紹介したいと思います。

こんな人には向いていない!LEITZ PHONE 2のデメリット

デメリット

おすすめポイントと同様、LEITZ PHONE 2については正式な情報が出ていない状況ではありますが、カメラに特にこだわりがない方や、大型で重いスマホを避けたい方には不向きでしょう。

前機種のLEITZ PHONE 1は、通常価格で187,920円とかなり高額でした。これはスマホの機能に加えてカメラに特化したことが主な理由かと思います。

同じ「Snapdragon™ 888 5G」を搭載したスマホにはAQUOS R6やXperia 5 Ⅲなどがありますが、いずれも10万円前後で発売されています。LEITZ PHONE 2の値段はまだ公表されていませんが、ただ単に高性能なスマホがほしい方は、ほかのブランドから検討した方が安く購入できるでしょう。

また、LEITZ PHONE 1は約6.6インチの大画面を搭載し、重さは約212gとスマホの中でも大きくて重い機種です。LEITZ PHONE 2で大幅なサイズの変更がない限りはコンパクトサイズが好きな方には使いにくいかと思います。

LEITZ PHONE 2について続報が出次第、詳しくご紹介したいと思います。

ソフトバンクで機種変更するならオンラインショップがお得で便利!

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクで機種変更をするならオンラインショップを利用すると良いです。

オンラインショップを利用すると、ソフトバンクショップの店頭で機種変更した場合にかかる頭金3,000円~10,000円程度が無料になります。

また、店頭のように長い待ち時間が発生せず、自分の空き時間に機種変更が可能です。

店員さんに、強引に不要なオプションを勧められることもないので安心して機種変更できますね!

 ① 契約事務手数料(3,300円)が0円になる

 ② 店頭購入の頭金(3,300円~11,000円)が無料になる

 ③ 家にいながら空き時間で機種変更ができる

 ④ 在庫を探して歩き回る必要はなし

 ⑤ 不要なオプションに加入する必要なし!

 ⑥ オンライン限定のキャンペーンが利用できることも!?

※キャンペーンについては、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトにご確認ください。

\事務手数料が無料!/
ソフトバンクオンラインショップ
公式サイトを見る

 

まとめ・総評

今回は、2022年夏頃に発売が予想されるLEITZ PHONE 2のスペックや特徴、評判などをご紹介しました。

LEITZ PHONE 1から変更が予想されるポイントを簡単におさらいしてみましょう。

  • カメラの画素数が約4,720万画素まで上がる?
  • 8K動画に対応する?
  • CPU「Snapdragon™ 8 Gen 1」を搭載する?
  • ディスプレイがフラットデザインになる?
  • 若干の軽量化はある?
  • ワイヤレス充電に対応する?

上記すべてを実装するとなると、前機種の金額からさらに値上がりするか、どれか性能を削って同じくらいの価格で発売されるかもしれません。

もし軽量化するなら、バッテリーが5,000mAhから4,500mAhに減るかもしれませんね。

いずれにしてもフラグシップモデルとしてさらに進化を遂げることは間違いないでしょう。正式な発表まで期待して待ちたいと思います。