スマートフォンPLUSは、機種変更にお役立ちの情報を発信するスマートフォンメディアサイトです。

Xperia 10 IVのスペックや評判を紹介!

SONYの2022年春夏モデルとして発表されたXperia 10 IVのスペックや特徴、評判などを紹介します。

機種変更するなら店頭よりオンラインショップがおすすめ!

ドコモ・au・ソフトバンクで機種変更をするなら、契約頭金や事務手数料などが無料になるオンラインショップを利用するとお得です。

また、店頭のように長い待ち時間が発生せず、店員さんから不要なオプションを強引に勧められることもないので安心して機種変更できます!

↓↓各キャリアの公式サイトはこちら↓↓

↓↓各キャリアの公式サイトはこちら↓↓

ドコモオンラインショップ
公式サイトを見る

auオンラインショップ
公式サイトを見る

SoftBankオンラインショップ
公式サイトを見る

 

Xperia 10 IVの評価点数

評価項目評価点数
使いやすさ4.0
スペックの高さ(動作の速さ)3.5
バッテリー5.0
カメラ性能3.5
価格4.0
総合評価4.0

※評価は実際の性能・スペック・価格などを考慮し、管理人が独自に判断したものです。

Xperia 10 IVを実際に使った人の口コミ・評判

実際に使った人の口コミと評判

まずはXperia 10 IVを実際に使用された方の評判と口コミを確認していきましょう。

口コミ①

→本体は光沢が少なく、マッドな質感を採用しています。指紋が付きにくく、きれいな外観を保ちやすいのも魅力の1つですね。画面サイズは約6.0インチ、重量は約161gとかなり軽く、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載した5Gスマホの中で世界最軽量となっています。スピーカーはモノラルを採用しているため、ステレオのような臨場感のあるサウンドを求めている方には物足りないかもしれません。ただし、ハイレゾに対応しているため、同じくハイレゾ対応のヘッドホンを使用したり、「360 Upmix」をオンにすれば「オート・ミュージック・シネマ」から好みの設定を選択することが可能です。

口コミ②

→Xperia 10 IVの口コミでは、バッテリー持ちの良さについて高評価の投稿が多数見受けられました。朝フル充電していけば、1日中電池切れの心配なく使えそうですね。バッテリー容量は5,000mAhで、ストリーミング(Wi-Fi使用)なら最大約22時間の再生が可能です。

口コミ③

→Xperia 10 IVの口コミを見てみると、人によっては「充電が遅すぎる」という不具合が起きているようです。端末・充電コードのどちらに問題があるかは不明ですが、可能なら別売りの急速充電用のアダプタを購入しておいた方が良さそうです。Xperia 10 IVでは有線のみですが、18Wまでの急速充電に対応しています。

Xperia 10 IVのスペック

機種のスペック

前機種との比較

機種名Xperia 10 ⅣXperia 10 III
画面サイズ約6.0インチ
ディスプレイ有機EL トリルミナス®ディスプレイ for mobile(HDR対応)/FHD+
CPUSnapdragon® 695 5G Mobile PlatformQualcomm® Snapdragon™690 5G Mobile Platform
メモリ・ROM容量:128GB
・RAM容量:6GB
OSAndroid™ 12Android™ 11
バッテリー容量5,000mAh(内蔵電池)4,500mAh(内蔵電池)
本体サイズ・幅:約67mm
・長さ:約153mm
・厚さ:約8.3mm
・幅:約68mm
・長さ:約154mm
・厚さ:約8.3mm
重量約161g約169g
アウトカメラ(メインカメラ)・16mm(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.2
・27mm(広角):有効画素数約1,200万画素/F値1.8
・54mm(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.2
・16mm(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.2
・27mm(広角):有効画素数約1,200万画素/F値1.8
・54mm(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.4
インカメラ有効画素数約800万画素/F値2.0
充電器USB Type-C
イヤホンジャック3.5mmイヤホンジャック
NFC対応

Xperia 10 IVの発売日

機種の発売日

▼docomo
予約開始日:2022年5月12日
発売日:2022年7月8日

▼au
予約開始日:2022年5月11日
発売日:2022年7月8日

▼SoftBank
予約開始日:2022年7月1日
発売日:2022年7月8日

Xperia 10 IVの価格まとめ

キャリア通常価格(税込)割引価格(税込)※
ドコモ64,152円41,712
au69,98538,065
ソフトバンク74,880円37,440

※ドコモの「いつでもカエドキプログラム」、auの「スマホトクするプログラム」、ソフトバンクの「新トクするサポート」適用時

Xperia 10 IVのカラー

Xperia 10 IVのラベンダーカラーラベンダー
Xperia 10 IVのミントカラーミント
Xperia 10 IVのホワイトカラーホワイト
Xperia 10 IVのブラックカラーブラック

画像引用元:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

Xperia 10 IVは、「ラベンダー」「ミント」「ホワイト」「ブラック」の4色を展開しています。

なお、ラベンダーはドコモオンラインショップとauでのみ購入可能です。ドコモの店頭やソフトバンクでは取り扱っていないので注意してください。

Xperia 10 IVの在庫状況

ドコモオンラインショップの在庫状況

ドコモでXperia 10 IVの在庫を確認したい場合は、ドコモオンラインショップから確認可能です。

ドコモの在庫確認手順
①「ドコモオンラインショップ」にアクセスする
②「商品を探す」から「iPhone」or「5Gスマートフォン」or「4Gスマートフォン」をタップ
③在庫を確認したい機種をタップ
④お好みのカラーを選択すると、在庫状況が表示される

ドコモの在庫確認手順の詳細
①ドコモオンラインショップにアクセスする
下記のリンクからドコモオンラインショップにアクセスしてください。②「商品を探す」から「iPhone」or「5Gスマートフォン」or「4Gスマートフォン」をタップ
ドコモ在庫確認手順1

③在庫を確認したい機種をタップ
ドコモ在庫確認手順2

④お好みのカラーを選択すると、在庫状況が表示される
ドコモ在庫確認手順3

ドコモの在庫はこちら

 

auオンラインショップの在庫状況

auでXperia 10 IVの在庫を確認したい場合は、auオンラインショップから確認可能です。

auの在庫確認手順
①auオンラインショップにアクセスする
②「iPhone」or「スマートフォン」を選択
③在庫を確認したい機種をタップ
④お好みのカラーを選択
⑤在庫状況が表示される

auの在庫確認手順の詳細
①auオンラインショップにアクセスする
下記のリンクからauオンラインショップにアクセスしてください。

②「iPhone」or「スマートフォン」を選択
au在庫確認手順1③在庫を確認したい機種をタップ
au在庫確認手順2④お好みのカラーを選択
au在庫確認手順3⑤在庫状況が表示される
上記画像の下赤枠線部分に在庫が表示されます。

auの在庫はこちら

 

ソフトバンクオンラインショップの在庫状況

ソフトバンクでXperia 10 IVの在庫を確認したい場合は、ソフトバンクオンラインショップから確認可能です。

ソフトバンクの在庫確認手順
①ソフトバンクオンラインショップにアクセスする
②在庫を確認したい機種をタップし「購入する」をタップ
③手続き内容や受取場所「自宅」を選択し、「機種選択に進む」をタップ
④容量orカラーの上に在庫状況が表示される(何も表示が無い場合は在庫あり)

ソフトバンクの在庫確認手順の詳細
①ソフトバンクオンラインショップにアクセスする
下記のリンクからソフトバンクオンラインショップにアクセスしてください。

②在庫を確認したい機種をタップし「購入する」をタップ
SoftBank在庫確認手順1

③手続き内容や受取場所「自宅」を選択し、「機種選択に進む」をタップ
SoftBank在庫確認手順2

④容量orカラーの上に在庫状況が表示される(何も表示が無い場合は在庫あり)

↓左が在庫あり、右が予約商品↓

SoftBank在庫確認手順3

↓在庫なしの場合↓

SoftBank在庫確認手順4

ソフトバンクの在庫はこちら

 

Xperia 10 IVの機種変更キャンペーン

機種変更キャンペーン

▼ドコモ

Xperia 10 IV (SO-52C) とソニー製純正ケースを買ってdポイント 3,000ポイントもらおうキャンペーン

<キャンペーン内容>
キャンペーン期間内にドコモでXperia 10 IVを購入&指定のソニー製純正ケースを購入でもれなくdポイントを3,000ポイントプレゼント

<条件>
・ドコモでXperia 10 IV (SO-52C) を購入(オンラインショップ・家電量販店・ソニーストアでもOK)
・ソニー製純正ケース Xperia 10 IV Style Cover with Stand (XQZ-CBCC)を購入
・対象端末にプリインストールされている「Xperia Lounge Japanアプリ」から応募

<期間>
・購入期間:発売日 ~ 2022年8月31日(水) 23:59
・応募期間:発売日 ~ 2022年9月7日(水) 23:59

※詳しい条件については、下記のページをご覧ください。
https://xperia.sony.jp/campaign/dcm_22summer_cover/

▼ソフトバンク

Xperia 10 IVを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン

<キャンペーン内容>
期間内にソフトバンクのXperia 10 IVを購入すると、PayPayポイント5,000円相当をプレゼント

<条件>
・ソフトバンクのXperia 10 IVを購入
・My Sony IDを取得し、Xperia 10 IVを製品登録
・応募期間中に対象機種にプリインストールされている「Xperia Lounge Japanアプリ」からエントリー
・SMSから認証コードを受け取り必要事項を入力して応募

<期間>
・購入期間:2022年7月8日(金) ~ 2022年8月31日(水)
・応募期間:2022年7月8日(金) ~ 2022年9月4日(日)

※詳しい条件については、下記のページをご覧ください。
https://xperia.sony.jp/campaign/sb_paypay_2022summer/

Xperia 10 IVの機種変更する時の注意点

機種変更する時の注意点

キャリアによって取り扱いカラーやeSIM対応・非対応が異なる

現時点で、Xperia 10 IVはドコモ・au・ソフトバンクでの発売が予定されています。キャリアごとに取り扱っているカラーやeSIMの対応・非対応が異なるので、よく確認してから購入することをおすすめします。

ラベンダーカラーの端末は、ドコモオンラインショップとauでしか買えません。ドコモの店頭とソフトバンクでは購入できない点に注意しましょう。

eSIMに対応しているのはau・ソフトバンク版の端末です。ドコモではエントリーモデルやミドルレンジのスマホではeSIMは非対応なので、ミドルレンジであるXperia 10 IVも当然対応していません。

eSIMはスマホと一体型のSIMカードで、スマホ本体さえあれば新規・のりかえ契約などの手続きが簡単にできるという特徴があります。Xperia 10 IVでeSIMを使いたい方は、auかソフトバンクで購入しましょう。

Xperia 10 IVの機能と特徴

機能と特徴

5000mAhバッテリーを搭載した5G対応スマホで世界最軽量

前機種であるXperia 10 Ⅲから約8g軽い約161gとなったXperia 10 Ⅳ。5,000mAhの大容量バッテリーを搭載した5Gスマホの中で世界最軽量を実現しました。約6.0インチの見やすい画面サイズはそのままに、軽くて使い心地の良いスマホへと進化しています。

本体のサイズはほとんど変わっておらず、幅は約67mm、長さは約153mm、厚さは約8.3mmと、一般的なスマホよりもスリムで手になじみやすい形状となっています。

ボディに使われる強化ガラスは「Gorilla Glass 6」から最新の「Gorilla Glass Victus」に変更。落としたときの壊れにくさや傷の付きにくさも強化されました。

デザインは大きな変化は見受けられませんが、ブルー・ピンクのカラーは廃止、新しくラベンダー・ミントが追加されました。Xperia 10 IVらしいパステルカラーで、どの色も性別問わず持ちやすそうな印象です。

ストリーミングは約22時間再生可能、バッテリーの寿命も強化

4,500mAhから5,000mAhに強化したバッテリーでは、ストリーミング(Wi-Fi使用)なら最大で約22時間も再生可能になりました。アニメやドラマのまとめ見も、充電切れの心配なくストレスフリーで楽しめます。

充電量を80%〜90%に制限することでバッテリーの負荷を軽減する「いたわり充電」と、Xperia独自の「充電最適化技術」を搭載し、3年経ってもバッテリーの劣化を防ぎます。また、消費電力をおさえる「STAMINAモード」をONにしておければ、電池残量や使用状況に合わせて自動で節電してくれます。

Xperiaでは、ただ単に電池が長持ちするだけでなく、バッテリーの長寿命化にも力を入れており、スマホ本体と合わせて長期間使えるのがうれしいですね。

Snapdragon® 695を搭載

CPUは「Snapdragon™690」から「Snapdragon® 695」へとパワーアップ。「Snapdragon® 695」は主にミドルレンジのスマホに搭載されていますが、処理性能が高く3Dゲームなどもプレイできそうです。ただし、高画質モードなど重くなる設定は避けるべきでしょう。

メモリは6GB、ストレージは128GBと、2点は前機種から変わっていません。
ミドルレンジのスマホとしては十分な性能です。21:9のディスプレイを活かしたマルチウィンドウでは2つのアプリを同時に操作できますが、メモリが6GBあるので動作が重くなってしまうこともないでしょう。

ストレージも128GBと十分な容量があり、MicroSDカードを使えば最大1TBまで拡張も可能です。

Googleがビジネス向けに提供しているプログラム「Android Enterprise Recommended」対応機種なので、ビジネス用のスマホとしても活躍するでしょう。

約6.0インチ、21:9の有機ELディスプレイを搭載

ディスプレイは前機種と同様、画面比率21:9の約6.0インチ、有機EL液晶、フルHD+の仕様です。ノッチ(画面上部のインカメラなどがある部分)は画面枠と一体化しており、無駄な余白がないデザインになっています。

仕様はほぼ変更ありませんが、Xperia 10 Ⅲよりも画面の明るさが約1.5倍アップし、有機ELならではのコントラストがさらに表現できるようになりました。動画再生時は画質最適化機能により、臨場感のある映像を楽しめます。

「21:9マルチウインドウ」では、縦長の画面を2分割して2つのアプリが操作可能。たとえば、上の画面に地図アプリ、下の画面にLINEを起動させれば、場所を確認しながらメッセージのやり取りができます。また、画面の上にアプリを表示させる「ポップアップウィンドウ」にも対応しているので、動画を流しながらLINEでメッセージを作成するといった操作も可能です。

シンプルで見やすい「かんたんホーム」は、21:9の比率に合わせて最適化。「かんたんホーム」は文字やアイコンが大きく表示され、よく使う連絡先を画面上に登録できるホーム画面です。また、「片手モード」を使えば画面を縮小して表示してくれるので、片手で楽に操作できます。

スマホ本体はIPX5/8の防水性能を備えており、ディスプレイは優れたタッチ性能があるので、指や画面が濡れた状態でも快適に操作可能です。水回りでも使えるので、お風呂場やキッチンなどでスマホを操作したい方にもぴったりですね。

新たに光学式手ブレ補正に対応

メインカメラは広角・超広角・望遠レンズの3つを備えたトリプルカメラを搭載。画素数は広角カメラが1,200万画素、超広角カメラが800万画素、望遠カメラが800万画素と前機種から変更はありませんが、望遠カメラのF値が2.4から2.2と若干明るくなりました。

カメラの仕様はほぼ変わっていませんが、広角カメラには新たに光学式手ブレ補正機能が追加されています。夜間や暗所での撮影もクリアで美しい仕上がりが期待できるでしょう。動画撮影時は電子式手ブレ補正と組み合わせたハイブリット手ブレ補正が使えるので、動きの多い被写体の撮影も安心です。

また、ソニーならではの技術を活かした「プレミアムおまかせオート」では、「料理」「逆行」「ペット」など被写体や環境を自動で判別し、最適な設定に自動で調整して撮影。だれでも簡単に特別な1枚を撮ることができる機能となっています。

そのほか、Xperia 10 IVのカメラの主な機能は下記の通りです。

機能内容
オートHDR逆光や暗所での撮影も白とびや黒つぶれを防ぐ機能
ナイトモードノイズ処理により夜景をクリアに撮影するモード
超解像ズーム画質が劣化しやすいデジタルズームでも被写体をくっきりと写す機能
ポートレートセルフィー(フロントカメラ)人物撮影時にAIが画質を自動で補正。髪や肌の質感を高める

CDを超える「ハイレゾ」に対応

Xperia 10 IVでは、CDを超える高音質の「ハイレゾ」に対応。本体には3.5mmイヤホンジャックを搭載しているので、有線でもワイヤレスでもハイレゾ対応のヘッドホンを使えば、本格的なサウンドを聴けます。

また、ソニーの立体音響技術を駆使した「360 Reality Audio」という音声フォーマットにより、まるで音に包み込まれるような臨場感のある音楽再生を実現しています。「360 Reality Audio」はイヤホン・ヘッドホン、スピーカーから直接聞いたときも体感できるようです。

スマホで音楽を聴きたい方はもちろん、動画を見たりゲームをプレイする方もより進化したサウンドでコンテンツを楽しめるでしょう。

おサイフケータイ・指紋認証に対応

スマホでタッチするだけで決済ができるおサイフケータイと、指で簡単にロックが解除できる指紋認証は、今の時代に欠かせない機能ですよね。Xperia 10 IVでは、前機種から引き続きどちらにも対応しています。

指紋認証は、本体側面にある電源ボタンにセンサーを搭載しているため、マスクを付けていてもタッチするだけで読み取りが可能です。

こんな人におすすめ!Xperia 10 IVのおすすめポイント

おすすめポイント

ワイドディスプレイと優れたオーディオで様々なコンテンツを楽しみたい人

Xperia 10 IVは、進化したディスプレイとオーディオを搭載し、音楽や動画、ゲームなど様々なコンテンツを楽しみたい方にぴったりの機種となっています。

スマホの画面比率は16:9が主流ですが、Xperia 10 IVでは21:9のワイドディスプレイを採用しています。有機ELならではのくっきりとしたコントラスト比、そして前機種よりも1.5倍の明るさで、ドラマや映画、ゲームのプレイ画面などもさらに美しく映し出してくれます

オーディオはCDを超える高音質の「ハイレゾ」に対応し、同じくハイレゾに対応しているイヤホン・ヘッドホンを使えば、これまでスマホでは再現できなかった繊細な音までクリアに再生。さらに、ソニーならではの立体音響技術「360 Reality Audio」を搭載し、音楽に包まれるようなサウンドを体感できるでしょう。

片手で快適に操作できるスマホを求めている人

Xperia 10 IVは、従来のスマホよりも縦長のディスプレイを搭載していますが、「片手モード」を搭載しているので、「ワイドディスプレイだと片手で操作できなくなりそうで心配」と敬遠している方も安心して使えます。

さらにユーザーが使いたいアプリや設定を予測して表示する「サイドセンス」機能を搭載。ディスプレイのサイドセンスバーをダブルタップするだけで使いたいアプリへすぐにアクセスできます。フローティング機能により好きな場所に表示できるため、片手でタップしやすい場所に設定しておくことも可能です。

1日中動画を見るなどバッテリーの消耗が激しい人

電力を消耗しやすい動画視聴は、パワフルなバッテリーを搭載しているスマホではなければすぐに充電切れになってしまいますよね。

Xperia 10 IVは5,000mAhと大容量のバッテリーを備え、ストリーミング(Wi-Fi使用)なら最大約22時間もの長時間再生できるようになりました。休日にドラマをまとめて見る方も、1日中充電切れの心配なく楽しめそうです。

「いたわり充電」や「STAMINAモード」を活用すれば、さらに電池持ちがアップするだけでなくバッテリーの劣化も防げるので「スマホを使いすぎてすぐにバッテリーがダメになってしまう」という方にもおすすめです。

プロ並みまではいかないまでも、写真や動画の仕上がりにこだわりたい人

ハイエンドモデルのカメラと比較すると画質や機能などは劣るものの、広角・超広角・望遠のトリプルカメラを活用すれば、本格的な写真や動画を撮影できます

広角カメラは約1,200万画素と3つのカメラの中で一番画素数が高く、F値が1.8と一番低いため、背景にぼけが入ったきれいな写真が撮影できます。Xperia 10 IVから追加された光学式手ブレ補正も使えるため、動きのある被写体の撮影にもぴったりですね。

超広角カメラは、広角カメラよりも広い視野をとらえるため、風景や巨大な被写体も見たままに撮影できます。望遠レンズは、遠くにある被写体を拡大して撮影したり、ポートレートにも向いています。

難しい設定をしなくても「プレミアムおまかせオート」機能を使えば、被写体や環境に合わせて自動で調整してくれるので、簡単にきれいな写真を撮りたい方にもおすすめです。

こんな人には向いていない!Xperia 10 IVのデメリット

デメリット

縦長のスマホは避けたい人

画面は約6.0インチとサイズ的には普通ですが、比率は21:9と縦長の仕様になっています。旧モデルのXperia 10シリーズから機種変更する方や、同じ縦長の機種から変える方は特に不便はないかと思いますが、スマホの形が違うとケースや保護フィルムなどを新調しなくてはいけません

また、人によっては縦長のディスプレイが使いにくいと感じる場合もあるので、初めてXperia 10シリーズを買う方は、一度店頭で操作してから購入することをおすすめします。

機種変更するならオンラインショップがお得で便利!

docomo・au・softbankオンラインショップ

ドコモ・au・ソフトバンクで機種変更をするならオンラインショップを利用すると良いです。

オンラインショップを利用すると、各キャリアの店頭で機種変更した場合にかかる頭金3,000円~10,000円程度が無料になります。

また、店頭のように長い待ち時間が発生せず、自分の空き時間に機種変更が可能です。

店員さんに、強引に不要なオプションを勧められることもないので安心して機種変更できますね!

 ① 契約事務手数料(2,200円~3,300円)が0円になる ※ドコモ・ソフトバンク限定

 ② 店頭購入の頭金(3,300円~11,000円)が無料になる

 ③ 家にいながら空き時間で機種変更ができる

 ④ 在庫を探して歩き回る必要はなし

 ⑤ 不要なオプションに加入する必要なし!

 ⑥ オンライン限定のキャンペーンが利用できることも!?

※キャンペーンについては、各キャリアのオンラインショップ公式サイトにご確認ください。

\各キャリアの公式サイトはこちら/
ドコモオンラインショップ
公式サイトを見る

auオンラインショップ
公式サイトを見る

ソフトバンクオンラインショップ
公式サイトを見る

 

まとめ・総評

今回は、2022年7月に発売のXperia 10 Ⅳについて、スペックや評判などをご紹介しました。

前機種であるXperia 10 Ⅲからは、主に端末の軽さと耐久性の強化、バッテリーとCPUがパワーアップ、光学式手ブレ補正が追加といった変更が見受けられました。

5,000mAhと大容量バッテリーを搭載したことでかなり長時間充電が持つようになりましたが、本体は約161gとかなり軽くなっています。ディスプレイは約6.0インチと普通サイズなので、「軽いスマホがいいけど画面サイズは大きい方がいい」という方に最適な機種です。

広角カメラだけですが、光学式手ブレ補正が追加されたことで、動きのある被写体の撮影にも強くなりました。ペットの撮影などにスマホカメラを使っている方も多いので、需要は高そうですね。

ドコモ・au・ソフトバンクでは、機種代金の割引プログラムを利用すれば3万円〜4万円台で購入可能です。さらにドコモとソフトバンクでは、2022年8月末までの購入者を対象にキャンペーンを実施しているため、ぜひお得にゲットしてみてくださいね。