スマートフォンPLUSは、機種変更にお役立ちの情報を発信するスマートフォンメディアサイトです。

iPhone14をお得に買うには?iPhoneを安く買う方法をご紹介!

iPhoneの最新モデルiPhone14ですが、旧モデルの値上げが気になる方も多いですよね。

iPhone14では引き続きキャリアの割引プログラムが利用でき、その他のキャンペーンを併用することが半額以下で購入することも可能です。

今回は、割引プログラムを含め、iPhone14を安く買う方法を詳しく解説していきます。

  • iPhone14が安く買えるのはどこ?
  • iPhone14をお得に買う方法はある?
  • iPhone14を買うべきか迷ってる…旧モデルはどこで買うべき?

上記の内容が気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

iPhoneを購入するなら店頭よりオンラインショップがおすすめ!

ドコモ・au・ソフトバンクで機種変更をするなら、契約頭金や事務手数料などが無料になるオンラインショップを利用するとお得です。

 ① 契約事務手数料(2,200円~3,300円)が0円になる ※ドコモ・ソフトバンク限定

 ② 店頭購入の頭金(3,300円~11,000円)が無料になる

 ③ 家にいながら空き時間で機種変更ができる

 ④ 在庫を探して歩き回る必要はなし

 ⑤ 不要なオプションに加入する必要なし!

 ⑥ オンライン限定のキャンペーンが利用できることも!?

※キャンペーンについては、各キャリアのオンラインショップ公式サイトにご確認ください。

iPhone14を安く買える場所

iPhone14はAppleストアのほか、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで購入可能です。

その中でも、iPhone14が安く買える場所をリサーチしてみました。

キャンペーンが活用できるキャリアが圧倒的に安い

iPhone14が最も安く買えるのは、機種代金の割引プログラムなどお得なキャンペーンが複数利用できるドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルです。

4キャリアでは、ほとんど同じ内容の割引プログラムを実施しており、iPhone14を大体半額程度で購入できます

割引が適用されるには「端末の分割購入」と「約2年で機種をキャリアへ返却する」という条件があります。大体2年くらいで機種変更をしている方であれば、特別デメリットはありません。

また、キャリアでは新規・機種変更・のりかえなどの契約によって、割引が受けられるキャンペーンもそろっています。特にMNPでは20,000円以上の高額な割引を受けることができ、割引プログラムとの併用も可能です。

割引プログラムを含めたキャンペーンの内容や、具体的にどれくらい安くなるのかは次章で詳しくご紹介します。

通常価格が安いのはAppleストア

iPhone14の通常価格が一番安いのは、Appleストアです。

基本的に、キャリアではiPhoneの本体価格に金額を上乗せして販売しています。そのため、割引プログラムなどのキャンペーンを利用せずに買うならAppleストアよりも割高になります。

参考に、iPhone14の価格をAppleストアと各キャリアごとに比較してみました。

キャリア/機種iPhone14iPhone14 PlusiPhone14 ProiPhone14 Pro Max
Appleストア119,800円〜134,800円〜149,800円〜164,800円〜
ドコモ138,930円〜158,180円〜174,130円〜201,850円〜
au140,640円〜158,490円〜175,860円〜201,925円〜
ソフトバンク140,400円〜158,400円〜175,680円〜201,600円〜
楽天モバイル131,800円〜148,800円〜164,800円〜181,800円〜

割引がない場合、キャリアでは数万円単位で割高になることがわかります。

格安キャリアではiPhone14はすぐに買えない

安くiPhoneを購入する方法として、格安キャリアを思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、楽天モバイルを除く格安キャリアでは、発売したばかりの最新機種は取り扱っていません。iPhone14を発売するとしても数カ月は先になります。

また、発売したとしても在庫は安定しないことがほとんどで、すぐに売り切れになってなかなか買えないこともよくあります。発売からすぐiPhone14をゲットしたい場合は、Appleストアかドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアが安定するでしょう。

参考として、2022年8月で格安キャリアで買えるiPhoneの機種をリサーチしてみました。

キャリア販売中のiPhone
ahamoなし
povoなし
LINEMOなし
iijmio下記中古品
・iPhone13の一部機種(売り切れ)
・iPhone12/11の一部機種
・iPhone SE (第2世代)/ (第3世代)
UQモバイル・iPhone12/11
・iPhone SE (第2世代)/ (第3世代)
ocnモバイルone・iPhone13の一部機種
・iPhone12/11

iPhone14は未発売、iPhone13を販売しているのはiijmioとocnモバイルoneでした。新品を買いたい場合はocnモバイルoneのみとなります。

iPhone14を安く買う方法

iPhone14を安く買う方法は、主に下記6つがあげられます。

  • 方法1.キャリアの割引プログラムを利用する
  • 方法2,キャリアの割引キャンペーンを併用する
  • 方法3.通常価格が安いAppleストアで購入する
  • 方法4.オンラインショップを利用する
  • 方法5.クーポンを活用する
  • 方法6.中古品や値下げを狙う

それぞれ詳しくみていきましょう。

方法1.キャリアの割引プログラムを利用する

前章でご紹介したキャリアの割引プログラムは、iPhone14が最も安く購入できる方法です。ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで実施している割引プログラムの内容をまとめてみました。

  • ドコモ:いつでもカエドキプログラム
    ⇒機種を残価設定型24回払いで購入し、46カ月目までにドコモへ返却すると、残債の支払いが免除される。
  • au:スマホトクするプログラム
    ⇒機種を24回払いで購入し、25カ月目にauへ返却すると、最終回分の支払いが免除される。
  • ソフトバンク:新トクするサポート
    ⇒機種を48回払いで購入し、25カ月目以降に端末を返却すると、最大で24回分の支払いが免除される。
  • 楽天モバイル:楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム
    ⇒機種を48回払いで購入し、24回分の支払い完了後に端末を返却すると、最大で24回分の支払いが免除される。
    (※楽天カード必須、手数料3,300円)

割引プログラムのシステムだけ見ても、実際にどれくらい安くなるのかいまいちわかりづらいですよね。実際に、iPhone14 Proでどれくらい割引されるのかチェックしてみましょう。

Appleストア・キャリアiPhone14 Pro
128GB256GB512GB1TB
Appleストア149,800円164,800円194,800円224,800円
ドコモ174,130円
87,370円
198,880円
99,880円
238,480円
120,400円
275,220円
139,260円
au175,860円
89,700円
201,925円
102,925円
238,555円
121,555円
275,415円
140,415円
ソフトバンク175,680円
87,840円
201,600円
100,800円
238,320円
119,160円
275,040円
137,520円
楽天モバイル164,800円
82,392円
181,800円
90,888円
214,800円
107,400円
247,800円
123,888円

赤字が割引プログラムを利用した場合の価格です。iPhone14 Proは一番低価格な128GBモデルでも10万円を超えていますが、割引プログラムを利用すれば8万円台〜購入可能です。

方法2,キャリアの割引キャンペーンを併用する

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルでは、先にご紹介した割引プログラムに加えて新規・機種変更・のりかえなどの契約に応じた割引キャンペーンを実施しています。

ドコモ・au・ソフトバンクでは、特にMNPで20,000円以上の大幅な割引が適用されます。割引プログラムと併用すれば、iPhone14を半額以下で購入することも可能です。

楽天モバイルの場合は、初めて楽天回線を申し込む方限定で24,000円相当の楽天ポイントが還元されます。こちらも割引プログラムと併用可能です。

各社の割引キャンペーンの内容は以下の通りです。

キャリアキャンペーン名内容
ドコモ5G WELCOME割5G対応機種を購入すると最大22,000円(税込)割引。
auau Online Shop お得割auオンラインショップで対象機種を購入すると、最大22,000円(税込)割引。
ソフトバンク【オンライン限定】web割ソフトバンクオンラインショップで他社から対象機種にのりかえると最大21,600円(税込)割引。
楽天モバイルiPhoneトク得乗り換え!初めて楽天回線を申し込む方限定で、料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」に加入しiPhone14を購入すると、最大で24,000円相当の楽天ポイントを還元。

方法3.通常価格が安いAppleストアで購入する

キャリアのキャンペーンなどを利用せずに購入する場合は、通常価格が安いAppleストアで購入するのがおすすめです。

キャリアの割引プログラムでは高額の割引が期待できますが、約2年で端末を返却するという条件があります。機種を返却せずに使い続けることはできますが、その場合は割引が適用されません。

また、割引プログラムでは分割購入が必須となっているため、審査落ちなどで分割払いができない場合は利用できません。

上記のような理由でキャンペーンなどの割引を利用せずにiPhone14を購入する場合、通常価格が割高なキャリアよりもAppleストアで買った方がお得です。

方法4.オンラインショップを利用する

ドコモ・au・ソフトバンクでは、オンラインショップにてiPhoneの購入や新規契約・機種変更・のりかえといった手続きが可能です。

オンラインショップの一番のメリットは、実店舗と違って頭金や事務手数料がかからないこと。頭金や事務手数料はほとんどの店頭で請求されるもので、キャリアや店舗にもよりますが合計1万円〜2万円程度かかるのが一般的です。

オンラインショップを利用すれば、ドコモ・ソフトバンクでは頭金・事務手数料が0円、auでは事務手数料はかかってしまいますが頭金は0円です。

ちなみに、iPhone14を買う場合はどのオンラインショップでも送料はかかりません。ドコモでは基本的に2,750円以上のお会計で送料無料、au・ソフトバンクでは携帯端末の購入なら送料無料になるためです。

方法5.クーポンを活用する

ドコモ・au・ソフトバンクでは、不定期にクーポンを配布しています。狙って入手するのは難しいですが、運よくゲットできればお得にiPhone14を購入できます。

クーポンの種類によって割引額は異なりますが、大体5,000円〜30,000円程度の割引が期待できます。

クーポンの主な入手方法をまとめてみました。

  • 郵送で配布
  • SMSで配布
  • 他社へののりかえで使用するMNP予約番号の取得時に配布
  • メッセージRに配布、My docomoログイン時に配布、dカードGOLDの年間ご利用額に応じて配布(ドコモ)
  • Yahoo!メールアドレスに配布(ソフトバンク)
  • au公式サイトやau PAYマーケットなどで配布、au関連サービスへの新規加入で配布(au)

契約期間が長い方は、郵送やSMSなどでクーポンが配布される可能性があります。ドコモではメッセージR、ソフトバンクではYahoo!メールアドレス宛に配布されることもあるため、iPhone14を購入する前に一通り確認しておくと良いでしょう。

MNP予約番号の取得でもクーポンが配布される可能性があります。必ずではないものの、店頭や電話でMNP予約番号を発行したい旨を伝えれば、運よくクーポンがもらえるかもしれません。

方法6.中古品や値下げを狙う

iPhone14の発売直後は難しいものの、数カ月待てば徐々に中古品も流通しはじめるでしょう。傷・汚れ・劣化があるなどのデメリットはありますが、安くiPhone14を購入する1つの方法としては有効です。

ただし、中古品はすぐに売り切れてしまうことが多いため、こまめに中古品店や通販サイトなどをチェックしなければなりません。

中古品に抵抗がある場合は、iPhone14の値下げを待つという方法もあります。iPhoneは、例年最新モデルの予約・発売とほぼ同時期に旧モデルが値下げされます。そのため、2023年以降の最新モデルが発売される時期まで待てば、iPhone14の値下げが期待できるでしょう。

デメリットは値下げされるまで約1年待たなくてはいけないことと、型落ちしてからでないと買えないということ。また、中古品と同じく売り切れになる可能性も高いため、必ずお目当てのモデルが買えるとは限らない点に注意しましょう。

iPhoneを安く買う方法

iPhone14を買うべきか迷っている方や、iPhone13以前のモデルを安く買いたいという方も多いかと思います。

この章では、iPhone全般を対象にお得に買う方法について、下記6つをご紹介します。

  • 方法1.Appleストアは価格の上乗せがない
  • 方法2.下取りを利用する
  • 方法3.家電量販店は独自のポイント制度が利用可能
  • 方法4.比較的新しいモデルであればオンラインショップもおすすめ
  • 方法5.格安SIMといっしょに購入する
  • 方法6.中古品を検討する

方法1.Appleストアは価格の上乗せがない

iPhone13以前のモデルもドコモ・au・ソフトバンクなど各キャリアから購入可能です。しかし、いずれも金額が上乗せされているため、Appleストアよりも本体価格が高くなります。

割引プログラムを使うならキャリアの方が安く買えますが、すでに取り扱いが終了している機種や「同じiPhoneを長期間使いたい」などの理由で割引プログラムが使えない場合もあるでしょう。

上記のようなケースでは、価格の上乗せがないAppleストアで購入するのがおすすめです。

方法2.下取りを利用する

Appleストアや各キャリアでは、携帯端末の下取りサービスを実施しています。

下取りで還元される金額は機種や端末の状態、キャリアによっても異なりますが、比較的新しいiPhoneを持っている方は大幅な割引が期待できます。

各キャリアの下取りで還元される金額は、下記の通りです。

キャリア還元額
ドコモ最大75,000円
au最大64,350円
ソフトバンク最大58,800円
楽天モバイル最大60,000円以上

下取りに出せるのはスマホのほかに、タブレットなども取り扱っています。お家で眠っている端末がある方は、一度査定に出してみることをおすすめします。

方法3.家電量販店は独自のポイント制度が利用可能

家電量販店では独自のポイント制度を導入している店舗もあり、所持しているポイントを利用してiPhoneを購入できます。また、iPhoneを購入した金額に応じてポイントが還元されるので、家電量販店のポイントを貯めている方にもおすすめです。

ただし、家電量販店でiPhoneを購入すると頭金や事務手数料がかかる可能性があります。先述したように、頭金や事務手数料は1万円以上かかることもあるため、Appleストアで購入するよりも割高になってしまうことも考えられます。

また、ポイントの還元率が低い店舗も注意が必要です。たとえば、還元率が1%のお店で5万円のiPhoneを購入したとしても、還元されるのは500円分だけになってしまいます。

家電量販店はお店によってサービスの内容が異なるため、購入前によく確認してから利用すると安心です。

方法4.比較的新しいモデルであればオンラインショップもおすすめ

オンラインショップでは古いiPhoneは取り扱っていませんが、1つ前くらいのモデルまでは購入可能です。

先述したように、キャリアのオンラインショップであれば頭金や事務手数料がかからず、実店舗よりもお得に購入できます

また、オンラインショップでも割引プログラムの申し込みが可能なので、2年くらいで機種を返却するという条件をクリアできれば半額近く安くなります。

ただし、最新機種と比べると在庫が少なく、売り切れていることも多いです。希望する容量がすでに取り扱いを終了していることもあるので、お早めに確認してみてくださいね。

方法5.格安SIMといっしょに購入する

格安SIMは、主に毎月の利用料金を安くおさえたい方におすすめです。

先述したように、楽天モバイル以外の格安キャリアでは最新のiPhoneを買うのは難しいですが、発売からしばらく待てば取り扱いがスタートするでしょう。

旧モデルを販売しているブランドもいくつかあるので、最新機種にこだわらない方は低価格な機種を検討することもできます

現時点で、iPhoneを取り扱っている格安SIMの情報をリサーチしてみました。

キャリア

楽天モバイルのロゴ画像
楽天モバイル

mineoのロゴ画像
mineo

ocnモバイルoneのロゴ画像
ocnモバイルone

UQ mobileのロゴ画像
UQ mobile

Y!mobileのロゴ画像
Y!モバイル
月額料金(税込)1,078円〜880 円~550円〜990円~990円~
取扱機種
(iPhone)
・13シリーズ
・12シリーズ
・SE(第3世代)
・13シリーズ
・12シリーズ
・SE(第2世代)
・13シリーズ
・12シリーズ
・SE(第2世代)
・12シリーズ
・SE(第3世代)
・12シリーズ
・SE(第3世代)
機種代金(税込)
(iPhone)
62,800円〜
※割引プログラム利用で31,392円〜
48,312円〜58,520円〜48,935円〜51,840円〜

機種代金が安いのは、割引プログラムが利用できる楽天モバイルです。ただし、楽天モバイルは0円プランが廃止されてしまたったため、長い目で見ると月額料金が安いocnモバイルoneの方がお得になりそうです。

方法6.中古品を検討する

新品にこだわりがなければ中古品を検討するのも手です。最新モデルも運よく在庫があれば安く買うことができ、また格安SIMと組み合わせれば月額料金も低価格におさえられます

iPhoneの中古品にはキャリア認定のものと、一般のお店で販売されているものがあります。Apple認定の中古品もあるのですが、日本の店舗では取り扱いがなく、米国のAppleストアでのみ買えるようです。

基本的にはキャリア認定の端末を買うのが安心ですが、なかなか入荷しないことが多いようです。一般のお店でも、購入後に不備があった場合の無料交換に対応している店舗であれば安心ですね。

機種変更するならオンラインショップがお得で便利!

docomo・au・softbankオンラインショップ

ドコモ・au・ソフトバンクで機種変更をするならオンラインショップを利用すると良いです。

オンラインショップを利用すると、各キャリアの店頭で機種変更した場合にかかる頭金3,000円~10,000円程度が無料になります。

また、店頭のように長い待ち時間が発生せず、自分の空き時間に機種変更が可能です。

店員さんに、強引に不要なオプションを勧められることもないので安心して機種変更できますね!

 ① 契約事務手数料(2,200円~3,300円)が0円になる ※ドコモ・ソフトバンク限定

 ② 店頭購入の頭金(3,300円~11,000円)が無料になる

 ③ 家にいながら空き時間で機種変更ができる

 ④ 在庫を探して歩き回る必要はなし

 ⑤ 不要なオプションに加入する必要なし!

 ⑥ オンライン限定のキャンペーンが利用できることも!?

※キャンペーンについては、各キャリアのオンラインショップ公式サイトにご確認ください。

\各キャリアの公式サイトはこちら/
ドコモオンラインショップ
公式サイトを見る

auオンラインショップ
公式サイトを見る

ソフトバンクオンラインショップ
公式サイトを見る

 

まとめ

今回は、iPhone14や旧モデルを安く方法についてご紹介しました。

基本的に、キャリアの割引プログラムを利用するのが一番簡単かつ安く購入できる方法となっています。

楽天モバイルは4キャリアの中で最も本体価格が安く、割引プログラムなどのキャンペーンを活用すれば一番低価格にiPhone14がゲットできます。

ただし、キャリアごとに利用できるキャンペーンやクーポンが異なるため組み合わせ次第ではドコモ・au・ソフトバンクの方が安くなります。

まずは自分がどのキャリアでどんなキャンペーンやクーポンが利用できるのかチェックした上で、一番お得に購入できるところはどこか検討してみてくださいね。

iPhone14関連情報