Skip to content
つまみ飛魚(あご)

つまみ飛魚(あご)

本物の飛魚(あご)だけが、記憶に残る
本物が作りだす「美味しい体験」だけが、脳に刻まれ記憶に残っていきます。
あなたの新しい記憶に「飛魚の美味しさ」が加わることを保証いたします。


「つまみ飛魚」とは
毎年9月~10月にかけて、長崎県平戸では季節風(あご風)が来るとあご漁が行われます。
激流渦巻く平戸瀬戸で、獲れた新鮮な飛魚の幼魚を一尾一尾頭とはらわたを取り除き、当店特製の秘伝のタレに一昼夜漬け込み前味を整えます。

あご本来の旨みを最大限に引き出すために約3日~4日間天日で干し、飛魚のタンパク質が旨み成分のアミノ酸に変わるまで、じっくり時間をかけて仕上げていきます。
この見極めとこれからの焼き加減が、熟練した平戸のあご職人しかなせない匠の技です。
丹念に焼き上げた逸品は、真似のできない極上の珍味に仕上がります。


つまみ飛魚の召し上がり方
つまみ飛魚は、そのまま召し上がれます。
ビール・ワイン・日本酒・焼酎等のお酒の肴として、またカルシウム不足を補うおやつとして、美味しくいただけます。
今の時期でしたら、オンライン飲み会を行うときにもおすすめです!

商品URL
https://agodashi.co.jp/?pid=70726933